2018年10月27日、仏子の新店「つけそば 麺吉」へ。 
IMG_8305
2018年7月27日オープン。店主さんは麺楽@青梅出身。麺楽といえば、目白丸長インスパイアなつけそばを提供するお店で、こちら麺吉も同様の一杯をいただけるとか。鈴ノ木@狭山ヶ丘→あじと@入間市の後こちらへw

IMG_8311  
店の場所は、仏子駅南口徒歩約6分。手打ちうどん安仁屋→蕎麦さんぽ径の跡地。 
IMG_8314 
駐車場は店頭に8台分の枠あり。1枚目画像は到着時で、たまたま店舗前の駐車枠が空いてましたが、その後満車に。 
IMG_8313  
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、 主なメニューは、つけそば並盛り700円、特つけそば並盛り800円、他。 
IMG_8320  
麺量は、並盛り260g、大盛り1.5倍390g+100円、特盛り2倍520g+200円。特つけそばは具の種類が変わらず、量が増量。 
IMG_8317 
店内は厨房前にカウンター4席、窓に向かったカウンター5席、4人卓x2。厨房前のカウンター右端の1席は商品受け渡しや割りスープを入れる作業スペースで、実質未開放。満席で一旦そこに着席を余儀なくされても、空いたら移動を勧められます。 
IMG_8330 
13:00頃到着で先客7後客10。ホール担当はお母さんらしき方。このお母さん?が、お客さんと良く話す接客上手でなんとも名物キャラ。食券を渡すと、「つけ汁に辛味酸味が入ってますが、苦手なものはありませんか」と。大丈夫と答えると、「は~い、ノーマル一丁」と良く通る大きな声の独特なイントネーションで厨房へ注文を通します。 
IMG_8325 
先日(10/18)埼玉のうまいラーメン取材で石神さんが来店されたそうです。ムック?それともMONDOTVでしょうか? 
IMG_8326  
スタッフは厨房に店主さんとサポートの男性の2名、ホールに先程のお母さん。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は白胡椒、一味唐辛子、酢。 
IMG_8323 
そして待つことしばし、「特つけそば 並盛り」完成で~す♪ 
IMG_8332
目白丸長といえば、なんと言っても「チャーシュー野菜つけそば」ですが、麺楽は未食ですし、3杯目なので流石にそこまでは自粛。でも具沢山の雰囲気は味わいたくて、100円増しの「特」バージョンにしてみました。 
IMG_8337 
麺はストレートの中太タイプ。つけそばとしては細め。湯切りというか水切りが完璧で、一滴の水滴もなし。なのに麺の締め(洗い)が完璧なのか、麺同士が最後までまったくくっつかないのが不思議。 
IMG_8345 
つけ汁はシャバシャバの清湯醤油味。鶏がら・魚介・豚骨のトリプルスープとか。そこに甘辛酢がたっぷり入って、刺激的で癖になる味わいに。 
IMG_8343  
具はすべてつけ汁の中で、チャーシュー、メンマ、なると、ネギが特仕様でたっぷり入り。 
IMG_8352 
麺をつけ汁に浸けてズズッと啜ると、おお!なんとも懐かしい丸長風の味わい。後は浸ける→啜る→具を頬張る→スープを少し味わうをノンストップで軽快にリピート。旨くて箸が止まらないとはまさにこのシチュエーションで、ほんと美味しい! 
IMG_8349  
麺を食べ終える頃「スープ割りはいかがですか」と声がかかります。つけ汁の器をいったん下げて割りスープを入れてリターン。スープは並々と、ネギも少し追加されてますね。このスープ割り後のスープが旨くて、腹パン過ぎるのに飲むのが止められません。 
IMG_8356  
おいしく完食!美味いつけそばと人情味溢れる接客で、遠くからでも行く価値ありの良店です。ごちそうさま! 

つけそば 麺吉 (372/’18)