2018年10月27日、蒲田の新店「辛っとろ麻婆麺 あかずきん 蒲田店」へ。
IMG_8445
2018年10月27日オープン。祖師ヶ谷大蔵の同名店の2号店。

初日よほど入間市から向かおうかと思いましたが、営業時間が分からず回避。1号店が激ウマだったのと、店主さんと顔見知りなので、すぐにでも向かいたかったんですが。明けて月曜日、本日オープンのお店もありますが、なんと言ってもこちら優先でw

あかずきん@祖師ヶ谷大蔵は、鳴声@西馬込のネクストブランド。以下鳴声・あかずきんの略歴。 
IMG_8372 
2012年12月11日鳴声@西馬込オープン。2013年12月、小石店主第9回ラーメントライアウト優勝。2014年4月4日ラースクに鳴声立川店オープン。2015年9月25日ラースク卒業。 
IMG_8361 
2015年10月6日2号店、鳴声煮干の奏@祖師ヶ谷大蔵オープン。2016年9月3日、あかずきん、煮干の奏からリニューアルオープン。そして今回、あかずきん2号店オープン。 
IMG_8366 
店の場所は、蒲田駅西口徒歩約3分。横浜かすうどんりっちゃんの跡地。店頭開店祝花は、らーめんチキントから。ちなみに営業時間は11:00-23:00(中休み無しの通し営業)。 
IMG_8367 
入店すると、まずタッチパネル式券売機で食券購入です。 
IMG_8373 
主なメニューは、辛っとろ麻婆麺850円、背脂カレー麻婆麺850円、真鱈のとろみ生姜そば790円、酸っぱい辛い真鱈のとろみ生姜そば850円、 
IMG_8377 
桜海老香る汁無し担々麺850円(準備中)、スタミナ担々まぜ朗900円(準備中)、ひとくちライス30円、のっけ飯100円、のっけ飯②(チーズor温玉)150円、他。 
IMG_8380 
辛っとろ麻婆麺を注文すると、辛さを0.5辛、1辛、2辛、3辛、4辛(+50円)、5辛(+50円)、もっと辛く(+100円)から聞かれます。 
IMG_8364 
店内は、奥が厨房で手前が客席スペース。席は、中央に高い衝立を立てた対面カウンター8席(4席・4席)。仕切りが高いので向かいはまったく気になりません。 
IMG_8389 
20:40頃到着で先客2後客2。厨房には小石店主、オープンおめでとうございます!当分の間ほぼほぼ蒲田店にいらっしゃるそうです。ホール担当女性2名。 
IMG_8385 
BGMはジブリボーカルソング。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、酢、シビれる四川山椒、S&Bあらびきコショー、香る花山椒。 
IMG_8382 
そして待つことしばし、「辛っとろ麻婆麺(3辛)」完成で〜す♪ 
IMG_8397
今回から投入の、ロゴ入り新デザインの器で着丼。 
IMG_8410 
具は麻婆豆腐、きざみ青白ねぎ。心づくしの味玉ありがとうございますm(__)m 
IMG_8417
スープは、とろっととろみのある全体麻婆餡状態。1号店でも感動した、めくるめく様な痺辛の奔流が再びここに。辛さと痺れの効き具合も絶妙で、強烈過ぎず旨さを存分に感じられるレベル。それでいて発汗作用抜群で、爽快な汗がかけます。個人的に汁あり麻婆麺のトップクラスにランクする旨さで、最強に美味しい! 
IMG_8427 
麺は太縮れタイプ。カネジン食品の麺ケース積んであったのでそちら製でしょうか。前回のストレート太麺で感じたもちもち感よりも、今回はコシが強靭になって剛弾性がアップ。個人的にはもうちょい柔目が好みですが、どインパクトなスープにはこのくらいパワフルな麺の方が、確かに相性がいいですね。 
IMG_8420 
味玉は固ゆでに近い半熟タイプ。途中でシビれる四川山椒と香る花山椒を投入してシビレをヒートアップさせてさらなるウマシビへ。 
IMG_8434 
おいしく完食!「真鱈のとろみ生姜そば」や汁無し系もすごく気になります!ごちそうさま! 

辛っとろ麻婆麺 あかずきん 蒲田店 (373/’18)