2018年10月18日、堀切菖蒲園の新店「麺匠 八雲(やぐも) 本店」へ。
IMG_7596
2018年10月17日大安にオープン。高座渋谷の同名店の2号店。初日はTRYラーメン大賞の授賞式参加のため行けませんでした。なので、2日目に突撃w

まゆか店主は元バイトAKB、21歳独身。ラーメンは独学で自家製麺。モデルも兼務の美少女( ^ω^ ) 
IMG_7541 
店の場所は、堀切菖蒲園駅徒歩約3分。竹葉軒→環七土佐っ子ラーメン居酒屋と入れ変わった跡地。 
IMG_7593 
20:50頃到着で店内満席外待ち2に接続。外装はまだ工事中で、列んでるとペンキ臭が強く苦手な人は辛いかも。高座渋谷が1号店ですが大和店と改称、堀切菖蒲園が本店扱い。 
IMG_7545 
券売機は無くメニューを見て注文、食後店主担当のレジにて後会計制。お釣りは手渡しw そういえば大和店もレジ式。主なメニューは、味噌ラーメン800円、塩ラーメン800円、醤油ラーメン800円、ざんぎ3個350円、他。昨年の大和店よりちょっぴり値上げしてますね。 
IMG_7588
店内はカウンター8席。2階席もありますが、年明けから初旬から開放予定。後客2で外の照明が落とされてメニュースタンドが片付けられて閉店モードへ。 
IMG_7589 
スタッフは店主と男性2の3名かな?厨房と客席の仕切りで遮られていて、厨房が見えないところは大和店と一緒。BGMはJ-POPの琴によるインストールメンタル。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、酢、一味唐辛子、胡椒。 
IMG_7550 
そして待つことしばし「塩ラーメン」完成で〜す♪ 
IMG_7563
大和店では味噌をいったので、今回は塩で。まゆか店主が配膳してくれます。あ味噌は橙と白のまだら模様の特徴的な丼ですが、塩はシンプルな白い反高台丼で着丼。もちろんどちらも店名入りの特製丼。 

提供時「熱いのでお気おつけ下さい」とのアナウンスがありますが、本当に熱々なので要注意! 
IMG_7572 
具は、低温調理のピンクチャーシュー、炒めもやし、メンマ、きざみ青ねぎ。 
IMG_7575
スープはさらさらの清湯塩味。厨房から磨りガラス越しに中華鍋を振って炒める音と火柱が見えますが、スープはマジ火傷注意、口蓋の皮がめくれる事注意の、あっぱれな激熱っぷり。大和店より火力が強いんじゃないかって感じ。しっかりと火入れされているだけに、スープもモヤシも理想的な状態。味的にはオーソドックスなサッポロ塩ラーメンですが、細部までフレッシュで鮮烈、キレとコクが両立していて、これは猛烈に美味しい! 
IMG_7584 
店主が自ら作るという自家製麺の麺は、太縮れタイプ。もっちりとしたコシがあり激熱でウマウマなスープに負けていません。 
IMG_7578 
おいしく完食!醤油もチェックしに来なくては。ごちそうさま! 

麺匠 八雲 本店 (360/'18)