2017年4月15日、築地の新店「鳥めし 鳥藤 魚河岸食堂店」へ。
DSCF4330
2017年4月1日のリニューアルオープンに伴い、「鳥そば」がレギュラーメニューとしてデビュー。御大のツイートで知りました。築地らしく朝7時からやってるってことで、本日の1軒目はこちらへw

築地場外市場の「鳥めし鳥藤分店」は、創業110年以上の鶏肉卸売業者が手がける、大山鶏を使った親子丼・鳥重・焼き鳥弁当の専門店。月に1度鶏を使った創作ラーメンを提供。 
DSCF4334 
「築地魚河岸」は、昨年11月19日にオープン。築地市場移転後も築地の活気とにぎわいを継承するため、設置された小売り店約60軒が入居する生鮮市場。 
DSCF4269  
1Fが生鮮市場、3Fがスタジオ・イベントスペース、そしてフードコート。 
DSCF4274 
フードコートの出店店舗は、珈琲・喫茶センリ軒、魚河岸海鮮、築地 鳥藤、豚勝 小田保の4店舗。 
DSCF4273 
注文は各店ブースの注文口で前金制、番号札を受け取って席で待ち、番号を呼ばれて受け取り、食べ終えたら返却口へのセルフ方式。 
DSCF4291 
「築地 鳥藤」のイチオシは「専門店のとりそば」と謳うとりそば700円。トッピングも各種あり。大盛りはなく替玉130円で対応。 
DSCF4278 
「とりそば」以外にもメニューが豊富。リニュアル前から人気だった「究極の親子丼」親子丼800円、親子カレー900円、魚河岸食堂限定鳥こま親子ライス800円・鳥こま親子カレー900円。 
DSCF4282 
「こだわりの鳥めし」(おすすめ)という蒸し鶏ごはん800円。築地近江屋牛肉店の和牛を使用した牛丼1000円、等多数ラインナップ。ヤバイ、どれも旨そうw 
DSCF4280  
BGMは無し。注文品と一緒に提供される箸は割り箸。卓上調味料は無し。レジ横に調味料があって、「鳥そば」用にはGABANブラックペッパー。 
DSCF4288 
そして待つことしばし、「鳥そば」完成で~す♪ 
DSCF4298
受皿付きの白い切立丼が、割り箸、ウエットティッシュと共にトレーに載って提供されます。 
DSCF4309 
具は、鶏ささみ肉、メンマ、カイワレ、きざみねぎ。 
DSCF4303
スープはさらさらの鶏清湯。公式FBによると、「白湯か清湯か迷った挙句、こちらになりました。大量の胴ガラをじっくり8時間炊き込むことにより見た目はあっさり、鶏の旨味を存分に味わって頂けるスープに仕上がっております。皆様に長く愛されるよう、ど真ん中に直球を投げ込んだつもりです。」とのこと。確かに、鶏の旨みたっぷりでまじりっけ無しの極上鶏スープがここに。ただ、やや甘めなのと、脂感が少なくあっさり過ぎなのと、バランスが良すぎててちょっと印象に残りづらいかも。常習性は低いかもですが、ホント毎日でも食べられそうなほど優しい味わい、美味しいです! 
DSCF4319 
麺は軽くウェーブのついた細麺。柔らかめのゆで加減で、すっきりスープにピッタリマッチ。朝イチの朝食にもイケそうで旨いです! 
DSCF4313 
おいしく完食!機会があれば親子丼・カレー牛丼を順繰りに攻略してみたいですw ごちそうさま! 

鳥めし 鳥藤 魚河岸食堂店 (118/’17)