2018年10月3日、三軒茶屋の新店「汁なし担担麺と魚介そば sirusi」へ。
IMG_6271
2018年10月1日大安にオープン。栃木県で3軒店舗のある「竹風」のご子息が都内に出店。「竹風」は未食ですが鶏白湯らしく、本家とは味を変えて汁なし担々麺と魚介そばで勝負。汁なしと担々麺好きの血が騒いでw

店の場所は、三軒茶屋駅南口A徒歩約5分。「足立ベーカリー」の跡地。店名「sirusi」=「しるし」は、「汁無し」から「無」を無くした「汁し」? 
IMG_6225 
入店前にまず店外店頭券売機で食券購入です。主なメニューは、汁なし担担麺(200g)900円、魚介そば(醤油・塩 麵150g)800円、他。値段だけ見るとやや割高感。 
IMG_6229
汁なし担々麺は小盛り150gも可能。小盛りの場合、味玉、メンマ(増量)、パクチーのいずれか1品サービス。汁なし担担麺の食券を渡すと、辛さと痺れをそれぞれ1〜3の3段階から聞かれます。 
IMG_6228 
店内は、厨房前に真っ直ぐカウンター5席、左側の壁に向かったカウンター3席、右側の柱を囲むL字型カウンター2席。19:10頃到着で、先客4、後客1。スタッフは男性4名。 
IMG_6233 
お冷はカウンターから伸びた蛇口からセルフ。この手の水栓から出る水は、無意識に冷水と思っちゃってますが、常温の水が出てきてビックリ! 
IMG_6241 
BGMはモダンジャズ。箸・レンゲ・楊枝・紙おしぼりは、カウンターの引き出しに格納されています。卓上調味料は、四川山椒、GABANブラックペッパー、昆布酢、ラー油、醤油。 
IMG_6239 
そして待つことしばし、「汁なし担担麺 並(辛3痺3)」完成で〜す♪ 
IMG_6247
カレー皿の様な底深めの平皿で着丼。 
IMG_6249 
具は、肉味噌、キャベツ、メンマ、ローストナッツ、きざみ青ねぎ。ナッツは軽く焦げ目が付いてますが、焼いた風味はせず。ころっと丸のままなので、砕いた方が汁なしには合いそう。 
IMG_6253
辛3痺3ですが、辛さ痺れ共にマイルド。この状態でもベースのタレの甘さが分かります。痺辛はもう少し欲しいところですが、卓上調味料が揃っていて自在にカスタマイズ可能。麺は、浅草開化楼製の太縮れタイプ。混ぜた時の味のまとまりと一体感が素晴らしく実に美味しい! 
IMG_6256 
途中、四川山椒とラー油を駆使してネクストレベルを目指しますが、特に良かったのが、意外にも昆布酢。ツンとしない酢で少量垂らすと風味と旨味が格段にアップします。 
IMG_6261 
おいしく完食!次回は魚介そば狙いで。ごちそうさま! 

汁なし担担麺と魚介そば sirusi (340/'18)