2018年9月20日、小田栄の新店「手打ち中華そば 酒田」へ。
IMG_5170
2018年9月15日オープン。山形の名店「ケンチャンラーメン」インスパイアなお店。尾瀬君の記事で知って俄然興味マシマシにw

(追記)蕾@平間(旧魚魂→豚魂→麦魂)と同系列とのこと。蕾でもケンチャンインスパイアを出してましたが、こちらを立ち上げたことにより、蕾は二郎系に戻したそうです。
IMG_5180 
店の場所は、小田栄駅約1.2km、川崎新町駅約1.3km、武蔵白石駅約1.3km、安善駅約1.3km。そば はなはな→焼鳥居酒屋の跡地。 
IMG_5178 
いつもなら歩く距離ですが、雨が降ってたのでバスで。バスは川崎駅東口より臨港バス川77または川78で浅田三丁目バス停下車徒歩約1分。店名は、ケンチャンラーメンの本店のあるのが酒田から。 
IMG_5172 
入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、ラーメン小200g500円、ラーメン300g700円、ラーメン大450g800円、他。 
IMG_5182
小の500円はオープン記念価格。定価不明ですが、構成的に600円かな?いつまでワンコインかも聞き忘れ。 
IMG_5176 
無料の「身入り」=「脂身入り」がオススメで、券売機から身入り用チケットを取って、食券と一緒に渡す方式。ケンチャンラーメンだと「油ぽく」相当でしょうか。 
IMG_5185 
店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、4人卓x2。19:50頃到着で、先客1後客4。スタッフは男性2名。 
IMG_5190 
BGMはテレビ放送、ぐるナイなうオンエア。箸は割り箸。卓上調味料は胡椒。七味唐辛子。七味は豪快にドバッと出るので要注意w 
IMG_5188 
そして待つことしばし。「ラーメン小(身入り)」完成で〜す♪ 
IMG_5197
サイドビュー撮り忘れですが、側面が赤くて黒いラインが1本ワンポイントで入った切立丼でした。 

具はチャーシュー、メンマ、海苔、きざみねぎ、粒状から塊まで大小様々な背脂入り。 
IMG_5202
スープはさらさらの清湯醤油味。煮干しがバッチリ効いて、澄んだスープの煮干しラーメンとしてもしっかりとした造り。背脂がスープに厚みのコクと旨味の甘さをブラスしてパワフルな味わいに。ケンチャンラーメンは催事で背脂入りを食べたのみですが、こんなにギトギトではなかったかと。まあ雰囲気は似てますし、似てる度は置いといて、すごく美味しい! 
IMG_5211 
自家製手打ちという麺は、ほぼ中太ですが細めまであって太さまちまち。強い縮れのあるタイプ。もっちりとしたコシがあって麺の再現度は高いです。つまり麺もかなり旨い! 
IMG_5204 
おいしく完食!山形に行かなくてもこの味が食べられるのは嬉しいですが、余計聖地に行きたくなりましたwごちそうさま! 

手打ち中華そば 酒田 (323/'18)