2018年9月12日、上野松坂屋の催事に出店中の「大重食堂」へ。
IMG_4482
2017年12月開催の「WRGP(ワールドラーメングランプリ)」でなんと優勝したお店!どんなんか気になって行ってみたw

「大重食堂」は2011年4月、福岡市の薬院大通にオープン。海鮮料理「BigHeavy Kitchen」がランチタイムに始めた二毛作のラーメン店がまさかのWRGP優勝。同決勝大会には、ソラノイロ、えにし、おこじょ(なおじ)の佐藤店主、うえだのみさえさん、山雄亭、等おなじみの麺ツがずらり。 
IMG_4485 
催事の概要です。「九州物産展」松坂屋上野店本館6階催事場 10:00〜20:00 ※イートインラーメンのラスオーダーは19:30(30分前) ※最終日は18:00閉場 
IMG_4532 
大重食堂のラーメンの特徴はサイフォンだし。同様の手法を取るお店が魚雷@本郷三丁目ですが、2010年1月開店とオープンだけ見ると魚雷の方が早いです。イートインコーナーの前で、厨房の様子がモニターに映し出されています。 
IMG_4527 
メニューは、純らーめん七節税込980円一種類のみ。先会計のレジに立つと、値段だけ告げられます。イートインコーナーの席は、壁に向かったカウンター14席、4人卓x2。19:20頃到着で、先客5後客8でクローズ。BGMは会場内に流れるご当地民謡。箸は割り箸。卓上調味料は無し。 
IMG_4487 
そして待つことしばし、「純らーめん七節」完成で〜す♪ 
IMG_4490
ロゴ入りの専用丼で着丼。 
IMG_4500 
具はチャーシュー、キクラゲ、味玉半個、海苔、万能ねぎ。 
IMG_4496
スープはさらさらの清湯塩味。公式HPによると、 
「平戸のあごと羅臼昆布に、自家製の牛節、豚節、鶏節、河豚節、鰹節、真鯖節、鰯節でお出汁をとり、福岡県産ラーメン専用小麦ラー麦を100%使用した麺に鹿児島県のブランド豚茶美豚を塩糀に48時間漬けた焼豚をのせ、大分県産蘭王の煮玉子と東峰村のキクラゲ、博多万能ねぎと有明のりをトッピングしたラーメン職人ではなく料理人が作った化学調味料不使用の無添加ラーメン。」 
とのこと。 
IMG_4507 
総カロリー450kcalのヘルシーさもウリ。節系が強く相対的にカエシと油が希薄で、極端に分かりやすく言うとお吸い物のような出汁主体のスープ。名だたる有名店の中で優勝と言われると!?って感じですが、予備知識無しでor置いておいていただくと素直に美味しい! 

麺は軽くウェーブの付いた中太タイプ。自家製麺で麺自体に旨味があります。 
IMG_4502 
具では、薄切りでカリカリにローストされたチャーシューが、まるでベーコンのような味わい。キクラゲは山クラゲのようにコリッコリと音が立つほど抜群の歯ごたえ。 
IMG_4514 
おいしく完食!汁完したらほっこり気分になれました。ごちそうさま! 

大重食堂 (313/’18)