2018年9月1日、日吉の新店「中華そば どんぐり」。
IMG_3659
2018年7月2日オープン。大岡山タンメンの後、評判のいいお店に向かって久々に神奈川へ越境w

IMG_3665 
店の場所は日吉駅東口徒歩約9分。日吉駅から店へ向かう途中の綱島街道、緩やかな坂道ですが、行きはよいよい帰りはこわいで、暑い日は大変w 
IMG_3662  
ラーメン佐藤の跡地。 
IMG_3667 
店頭には手書きのイラストによるラーメンの紹介掲示。 
IMG_3668 
店内入口入ってすぐのところにも、イラストによるご挨拶と紹介がありました。 
IMG_3672 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、中華そば赤(正油)1玉700円、中華そば白(塩)1玉700円、ざる中華淡麗1玉800円、ざる中華濃厚1玉800円、他。 
IMG_3674  
店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、4人卓x2。カウンター右端は、スープ割り用スープのポットが置いてあって、実質5席。 
IMG_3677  
12:20頃到着で、先客1後客1。厨房には想像していたよりもずっと年配の男性2名。脱サラして開業でしょうか。 
IMG_3681 
BGMはシャンソン的な。箸は割り箸。卓上調味料調味料はGABANブラックペッパーと、唐辛子、酢。 
IMG_3680 
そして待つことしばし、「中華そば赤(正油)1玉」完成で~す♪ 
IMG_3691
白い反高台丼が、レンゲと共にトレーに載って着丼。 
IMG_3693 
具は、チャーシュー2枚、味玉、メンマ、小松菜、海苔、きざみねぎ。 
IMG_3689
すーぷはさらさらの清湯醤油味。沸騰させたってくらい熱々で提供。店内冷房の効きがあまり良くなく、またスープが激アツなので、食べてると汗が吹き出してきます。 
店頭のイラストによると、玉ネギ・生姜・じゃがいも・チキン・ゲンコツ・手羽モト・カツオケズリブシ・サバブシ・イワシ・ヒラコニボシ・とうもろこし・にんにく・にんじん・ねぎを煮込んでいるとのこと。 
油分の少ないあっさりとしたスープですが、やや魚介優勢でほのかに煮干し風味。多様な食材から出た様々な旨味が織りなす複雑で奥深い旨味があって、実に美味しい! 
IMG_3700 
麺はストレート中細タイプ。しっかりとしたコシのある麺で、熱々スープでも最後までダレないのがいいですね。 
IMG_3695 
具では、提供直前にバーナーで炙ったバラチャーシューが薄いけど肉感しっかりでウマ!味玉は半熟でネオクラシカルな構成の中ではトレンドを抑えたアイテムになっています。 
IMG_3703 
ちょうど食べ終えた頃合いで、「本日はお暑い中どうもありがとうございました」と、すっとアイスキャンディーを渡されました。超熱ラーメンの滝汗の後には、胸アツのなんとも嬉しいサービス!パイン味で冷えひえウマウマ! 
IMG_3706  
おいしく完食!中華そば白や淡麗のざる中華が気になります。ごちそうさま! 

中華そば どんぐり (300/’18)