2018年8月24日、本日オープンの新店「排骨担々 五ノ井」へ。
IMG_2983
先日はしごライクな担々麺専門店がオープンした小川町~神保町エリアに、またまた担々麺専門店。店主さんは亜寿加@渋谷出身。と知って、いきなりプライオリティアップw

ツイ垢プロフとツイートによると、「夜の営業終了は20時くらい(未定)」、「営業時間は当分の間変動します。TELにてご確認下さい」とのことで、微妙な時間はコール推奨。本日は19:30終了予定とツイートしていただいて、助かりました! 
IMG_2987 
店の場所は、神保町駅A5出口徒歩約4分。錦華通り沿いで丸香の先。くにまつの斜向かいで勝本の並び。ねいろ屋の隣で無垢跡地。店名から一瞬近くにある五ノ神水産の関連店かと空目しますが、無論無関係。 
IMG_3030 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、排骨坦々麺1000円、排骨ラーメン980円、排骨冷し坦々1000円、排骨冷し980円、坦々麺850円、らーめん780円、冷し坦々めん900円、冷し中華850円、汁なし坦々麺900円、他。 
IMG_2993
坦々麺は辛口無料、太辛・胡麻多め100円。看板・店名の「担々麺」は正しい字ですが、券売機「坦々麺」の字かすべて当て字なのが残念。 
IMG_2994 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター10席(8席・2席)。ですが、短辺の2席は花置場になっていて未開放。ストレートカウンター8席での営業。19:20頃到着で、先客6。席間こんなに狭かったっけ?ってくらいちょっと窮屈。後客1の時点で閉店。 

厨房には店主さん、接客担当の女性の2名体制。女性がすごく良くお客さんを見ていて、何かあるとすぐに声をかけてくれます。 
IMG_2989 
BGMは中国民謡インストルメンタル。箸は割り箸。卓上調味料・薬味は、ラー油、酢、胡椒、搾菜。 
IMG_2996 
そして待つことしばし、「排骨坦々麺」完成で〜す♪ 
IMG_3001
提供時サービスライスの有無を聞かれて、お願いしちゃいました。 
IMG_3014 
具は排骨、青梗菜、きざみネギ。排骨は注文ごとに揚げる都度調理。いつも揚げたてで熱々のサックサク。 
IMG_3010
スープはさらさらの清湯ベースで、昔ながらの中華料理店系担々麺スタイル、湯切りがあまくてゆで湯が結構丼に入っちゃってますが、それも込みで味のうち。亜寿加よりは少し濃いかも。昭和を感じる懐かしいレトロ担々麺って感じで、すごく美味しい! 
IMG_3023 
麺はストレート中細タイプ。キッチンタイマーはあって一応回ってますがまるで無視。感でゆで具合を見極める職人芸。それがちゃんといい具合にゆで上がるからさすがの一言。茹でがまに常に多めに水を補強して、ゆで湯がいつもきれいなのは気持ちいいです。感じの味は、シコシコ麺で啜り心地もバッチリ! 
IMG_3020 
おいしく完食!次回は「排骨冷し坦々」で。ごちそうさま! 

排骨担々 五ノ井 (290/’18)