2018年8月18日、東松山の新店「ラーメン 育元 吉見店」へ。
IMG_2631
2018年8月2日オープン。創業20年で行列の人気店「熊本らーめん育元」の2号店。らーめん川嶋@加須の後、北本で1軒寄って、川幅日本一という御成橋を渡ってこの日3軒目のこちらへw

IMG_2635 
店の場所は、東松山駅約3.2km。とんかつかつ喜の跡地。丘というか山の上にあって、徒歩だと距離以上に大変そう。 
IMG_2634 
ちなみに本店は森林公園駅約1.4kmですが、やはり山の中にあるとか。 
IMG_2626  
駐車場は、敷地内に多数。訪問時中待ちがありましたが、駐車場はまだまだだいぶ余裕がありました。 
IMG_2691 
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_2638 
主なメニューは、久留米ラーメン690円、煮干しラーメン690円、ちりめん山椒の卵かけご飯350円、替玉150円、ドンペリ(白)19000円、ドンペリピンク38000円、他。 
IMG_2650
久留米ラーメンと煮干しラーメンの2枚看板。滑川店の熊本ラーメンとは味を変えた構成。 
IMG_2640 
ドンペリがあるラーメン店は、店主が元ホストの高田光幸@井荻が有名ですが、こちらは系列店でメニューがなく予算に応じたコースのみ、ドンペリもある料理の育元の流れから。 
IMG_2644 
店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター6席(4席・2席)、4人卓x3、小上がりに4人卓x3、出入口正面の小上がりにもテーブル数卓。 
IMG_2685 
12:10頃到着で店内満席中待ち4。中の待ち席は2席。後客6。スタッフは厨房に男性3、ホール担当女性3。 
IMG_2643 
待ち席の隣の本棚にはゴルゴ13。ただしこちらに置いてあるのは奇数巻のみ。偶数巻は育元 滑川店に配置。1巻読み終わるたびに交互に通わなくてはw 
IMG_2651  
BGMはテレビ放送。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料・薬味は紅生姜、「超激辛注意!!」の辛子高菜、すりゴマ、GABANホワイトペッパー。 
IMG_2655  
そして待つことしばし、「久留米ラーメン」完成で~す♪ 
IMG_2662
昔ながらのラーメン丼で着丼。 
IMG_2671 
具は、チャーシュー、きくらげ、万能ねぎ。 
IMG_2666
スープはとろっとミルキーな白濁豚骨。豚骨の旨味の詰まった本格的な久留米ラーメン。久留米ラーメンといえば個人的には大砲ラーメンで、豚臭さや髄や骨粉を感じさせるようなワイルドさはありませんが、豚骨エキスの濃さはこちらもかなりのもの。すごく美味しい! 
IMG_2681 
麺はストレート細麺。ちなみに煮干しラーメンは黄色い中細の麺で、久留米ラーメンとは麺が異なるそうです。デフォで固めのゆで加減で、コクのあるスープにピッタリ。麺もまた旨いですね~! 
IMG_2676  
途中胡麻をすって激辛高菜や紅生姜を投入。高菜は、超激辛という謳い文句どおりのあっぱれな辛さ。紅生姜の酸味が豚骨スープの旨味を引き立てます。 
IMG_2684 
おいしく完食!機会があれば「煮干しラーメン」も試してみたいです。ごちそうさま! 

ラーメン 育元 吉見店 (285/’18)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック