2018年8月10日、水道橋の新店「麺匠 きんいろ」へ(FBインスタ)。
IMG_1888
2018年8月6日オープン。あごだしスープがウリのお店。本日オープンの新店に向かうも、売切れ終了でギリ間に合わず。乗り換え無しでアクセス出来るこちらでリカバリ。

店の場所は、水道橋駅徒歩約3分。店主さんは元イタリアンシェフ。 
IMG_1883 
入店前にまず券売機で食券購入です。主なメニューは、あごだし醤油ラーメン850円、あごだし塩ラーメン880円、鶏塩ラーメン850円、鶏白湯ラーメン850円、濃厚鶏魚介つけ麺950円、他。 
IMG_1890
あごだし、鶏清湯、鶏白湯、濃厚鶏魚介と、鶏ベースの出汁をアレンジしたスープは5種類。「大人の味のラーメン」だそうです。 

店内は、奥が厨房で手前が客席スペース。席は、壁に向かったカウンター4席、外側の窓に向かったカウンター2席、可動式の2人卓x4。窓側の席に座ってる時店舗撮影されたら、もろスナップ写真になります。20:10頃到着で、先客7後客2。 
IMG_1894 
スタッフは厨房に男性2、ホール担当女性1。連日真夏日という酷暑の最中、「熱いのでお気をつけ下さい」との注意喚起があるものの、熱々のおしばり出すのはなんとも(^^;; 

おしぼで火傷しそうになりましたが、ホールの女の子は凄く動きが良くて、仕事がとてもとても楽しそう。コップの水が減ったら「水おつぎします」と言って注いでくれるとか。町食堂のおばちゃんにしか受けたことのないサービスがビカビカの新店でキラキラの娘から受けられますw 
IMG_1925 
店名「きんいろ」は、お客様を店内の金色の満月が迎えることから。満月のまんまるは食事でお腹が満たされることと、心もまあるくなっていただけたらとの想いから。丼の模様の渦巻きも満月を表現、 

BGMはポップス。ですが、壁のモニターでは、音声を消したナイター中継を放送。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、ラー油、醤油、酢、胡椒。 
IMG_1896 
そして待つことしばし、「あごだし醤油ラーメン」完成で〜す♪ 
IMG_1903
渦巻き模様が印象的な器(ただし量産型)で着丼。 
IMG_1910 
具は、宮城白石竹鶏ファームの竹鶏の鶏チャーシュー、極太メンマ、味玉半個、海苔、きざみ青ねぎ。チャーシューはよーく炙ってあって表面カリッと。ですが、下味が付いてなくて味がしません。 
IMG_1908
スープは少し濁りがありますが、粘度の無いさらりとした清湯醤油味。鶏出汁ベースにあご出汁のWスープ。魚粉を感じる魚介優勢のスープですが、あご出汁はあまり感じられません。普通に(鶏)魚介スープとしていただくと旨いですが、あご出汁と言われると薄いってなっちゃいます。 
IMG_1921 
麺はストレート中細タイプ。シコシコとコシのある食感がいい感じです。 
IMG_1914 
おいしく完食。「鶏塩ラーメン」が一番シンプルで、ベースの出汁を味わえる一杯でしょうか?ごちそうさま! 

麺匠 きんいろ (274/’18)