2018年8月7日、本郷三丁目の新店「ハイドモード」へ。
IMG_1749
2018年5月22日オープン。塩ハンバーグと創作フレンチのビストロ。ランチタイムは、塩ハンバーグのみ限定10食とハードルかなり高め(夜の部は限定数無し)。何気にラーメンが旨いとのことで、行ってみたw

IMG_1760 
店の場所は、本郷三丁目駅1番出口徒歩約5分。大横丁通り沿い。遠軽ラーメン江口→縄麺男山と入れ替わった跡地。最初エクステリア・インテリがスタイリッシュ過ぎて、男山の跡地とはまったく気づかず(^_^;) 
IMG_1756 
当然券売機はなく後会計制。ランチメニューは、塩ハンバーガーセット1000円1種類のみ。塩ハンバーガーは、つなぎ無し100%ビーフ160g。下味はフランス産ゲランド塩と胡椒のみ。 
IMG_1809 
セット内容は、塩ハンバーガー、本日のスープ、ドフィノワ(ジャガイモのグラタン)、プティ・デセール(デザート)。これで1000円は破格のブライス。ランチハンバーガーですが予約可能で、むしろ予約推奨。 
IMG_1765 
ディナータイムの主なメニューは、黒毛和牛あぶり小鉢丼880円(大盛1380円)、ハイドラーメン880円、ミニ塩ハンバーガー400円、自家製餃子1個180円、自家製オーブン焼きとり1本380円、特製もつ煮580円、他。 
IMG_1770 
ディナータイムでもドリンク無しの食事のみ可。ちなみに、ランチタイムは内税、ディナータイムは外税。 
IMG_1768 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席(6席・2席)、奥に4人卓x2。 
IMG_1764 
21:10頃到着で、先客5後客無し。厨房には店主さんと奥様?の2名体制。 
IMG_1804 
なんでラーメンかというと、当初本日の麺という形で、日替りのパスタを提供。その中でラーメンを提供したところ評判がとても良く、定番化のリクエスト多数。それで定番化したそうです。好評でハーフサイズラーメンも計画中とか。 
IMG_1805 
ラーメンをやって感じたのは、パスタだとお店の味や個性を出すのはとても難しいですが、ラーメンはアレンジが無限大で自分のオリジナルの味を表現しやすいとのこと。 
IMG_1802 
BGMはジャズ。箸は割り箸。卓上調味料は無し。 
IMG_1771 
そして待つことしばし、「ハイドラーメン」完成で〜す♪ 
IMG_1778
サイドフォルムがスッキリと屹立した切り立ち丼で着丼。 
IMG_1786 
具は、チャーシュー、トマト、バジルの葉、ゴマ。チャーシューは燻製風味のパンチェッタ。仕上げにかけるグリーンのソースはピストゥー.(バジルソース)。 
IMG_1781
スープはとろ〜りとクリーミーな白湯塩味。メニュー説明によると、「ミルキーな牛・豚骨ベースのブイヤベース風スープ」とか。高級フレンチのスペシャルなコースで供される極上スープがまさにここに!C’est bon!とてつもなく美味しい!無理矢理難を言えば、言われなければ牛か豚かが分からないこと位でしょうか。旨すぎます! 
IMG_1793 
麺はストレート中細で軽い縮れのついたタイプ。麺量は100gで〆ラーサイズ。少し柔らかめのゆで加減が。クリームスープと実に良くマッチ。ちゃんと中華麺の生麺だそうですが、ポタージュ風のスープでいただくとパスタっぽく感じるのは、刷り込みからでしょうか。 
IMG_1787 
おいしく完食!ワインでフレンチ風の餃子やもつ煮いただいて、シメにミニ塩ハンバーガーというのにもすごく惹かれます。ごちそうさま! 

ハイドモード (272/’18)