2018年7月24日、幡ヶ谷の新店「油そば てつ」へ。
IMG_0693
2018年7月12日オープン。骸骨柄が特徴的なアパレルメーカーSKULLSHITの異業種進出店。暑くてスープオフに退避w

店の場所は、幡ヶ谷駅と笹塚駅のほぼ中間。なんと福丸の隣。 
IMG_0700 
入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、油そばてつ640円、全部のせ油そばてつ880円、鶏醤油油そば840円、辛醤油油そば840円、塩油そば880円、他。 
IMG_0706
すぐ後ろに並ばれたので、慌ててつい先頭左端の全部をついプッシュ。並盛・大盛同料金ですが並で。店頭にあるチラシにトッピングサービス券が付いてますが、全部のせにしたからまあいいかと行使せず。 
IMG_0714 
チラシのサービス券とは別に、オープン記念トッピングサービスで、「ザクザク辛」・「ザクザクのり塩」(各定価80円)サービスとあり、聞いたところいずれか一品のみとのこと。 
IMG_0723 
店内は厨房を囲むL字型カウンター9席(2席・7席)、4人卓x4。 
IMG_0709 
19:10頃到着で、先客2、後客4。スタッフは厨房とホールに男性各1。ホールの方が某有名評論家さんにそっくりでビックリ! 
IMG_0757 
BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。すりゴマ、酢、ラー油、タバスコ。 
IMG_0719 
そして待つことしばし、「油そば(全部のせ)」完成で~す♪ 
IMG_0741
東京油組総本店そっくりの、黒い器に赤い「油」のロゴで着丼。 
IMG_0740 
「ザクザク辛」はココットで提供。好きなタイミングに少しずつ試せるのがナイス! 
IMG_0734 
具は、チャーシュー2枚、メンマ、味玉、きざみ海苔、鰹節、きざみ青ねぎ。全部のせらしくない盛り付けでビジュアルはちょっと寂しいかも。 
IMG_0732
麺は大きくウェーブの付いた太麺。丼の底に醤油味のタレが沈んでいるので、よーく混ぜていただきます。味的にはとてもオーソドックスなでトラディショナルな正統派油そば。安定感・安心感のある味で美味しい! 
IMG_0747 
味玉の黄身は片側に寄ってました。もちろん味は問題なし。 
IMG_0752 
驚きの旨さだったのが「ザクザク辛」。ネーミング通りザクザクの味わいで、油そばに革新の新食感。辛揚げとも異なる初めてのトッピング・味変アイテム。正体を確認したところ、辛味をつけたパン粉を油で揚げたものだそうです。これは大ヒットで、自作でもやってみようかなってほど。 
IMG_0754 
おいしく完食!「塩油そば」が気になります。ごちそうさま1 

油そば てつ (255/’18)