2018年8月3日、小川町の新店「むぎくらべ」へ。
IMG_1498
2018年7月13日オープン。日本初の国内産麦アンテナショップ。麺類とパン菓子類の2つの厨房があり、それぞれのメニューを提供してイートイン可能。週替わりでお店が入れ替わる形態で、7月23日〜8月3日まで、仙台の名店五福星が出店。

平日昼来れるチャンスが何度かあったのに、土曜で予定を立てていて、土日休みというのをだいぶ後になって知るという。そんなこんなで、来るのが最終日になっちゃいました(^_^;)

IMG_1495 
店の場所は、小川町駅・新御茶ノ水駅B7出口10秒。先日オープンした長尾中華そば神田店の近く。フレッシュネスバーガー→サンクスの跡地。 
IMG_1446 
開店5分前到着。シャッター待ちはのんちさん!まいどw 
IMG_1448 
定刻にオープン。まず注文カウンターで注文。呼び出しベル(リプライコール)を貰ってベルが鳴ったら、受取り口で注文品を受け取り。席で食べて、食後は返却口へ食器返却のフルセルフ方式。 
IMG_1435 
麺厨房五福星のメニューは、だし中華750円、納豆スムージーざる中華850円、夏のにゃんこ飯300円。 
IMG_1422 
ちなみに、バン厨房は北海道の満寿屋商店。 
IMG_1423 
次週の8月6日〜8月10日は、麺厨房・バン厨房共に麦わらぼうしの会が担当。麺は冷やしうどん 450円、冷やし坦々うどん 550円が登場予定。 
IMG_1419 
更に翌週8月13日〜8月17日はお盆休み。次の土日休と合わせて、8月19日までお休み。 
IMG_1425 
店内は、壁に向かったカウンター5席、2人卓x5、4人卓x2。後客5で、まだ10時というのに盛況な入り。 
IMG_1440 
スタッフは厨房に2名、ホールの女性1、レジの女性1。 
IMG_1443 
厨房前の店内中央に、五福星店主早坂さん、期間中ずっとむぎくらべに詰めていらしたとか。 
IMG_1428 
IMG_1431 
BGMはJ-POP。箸は割り箸。卓上調味料は、七味唐辛子、塩、胡椒。 
IMG_1433 
そして待つことしばし、「だし中華」完成で〜す♪ 
IMG_1458
双喜紋と龍があしらわれた昔ながらのラーメン丼で着丼。 
IMG_1465 
具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、きざみねぎ。 
IMG_1462
スープはさらさらの清湯醤油味。壁面掲示の解説によると、最初は薄く感じても後半からどんどん厚みを増してくるとのこと。個人的にはファーストタッチから出汁感十分。魚介優先で柔らかく優しくて甘旨。しみじみと沁みる滋味たっぷりの味わいで、凄く美味しい! 
IMG_1476 
麺は平打ちの中太縮れタイプ。五福星自慢の、繭を練り込んだというシルク麺。ポスター通りのもっちもち、ツルツル食感で麺も旨し! 
IMG_1470 
思わず追加注文した「夏のにゃんこ飯」。温か冷かけか聞かれますが、冷やで。ご飯に出汁、氷、本枯鰹節、スライスレモン、塩、きざみねぎ、海苔。 
IMG_1486
塩味の冷汁の様な味わいで、ご飯がさらさらと進みます。これなら暑さで食欲が無くてもさらりと食べられそう。本枯節がまたたまらなく旨くて、この値段でこれだけ本枯節が載ってるって感涙もの! 
IMG_1489 
おいしく完食!次にむぎくらべに出店するらーめん店が楽しみ!ごちそうさま! 

むぎくらべ(麺厨房/五福星) (267/‘18)