2018年7月28日、本日オープンの新店「らぁめん 生姜は文化。」へ。
IMG_1154
MANNISH@神田の姉妹店。神田のひょうきんなマスターが手伝いに来るみたいで、楽しみ〜(違

店の場所は巣鴨駅徒歩約5分。千石自慢らーめんの少し手前で、ピーターラビット・ぐりとぐらなどの福音館書店の隣。ラーメン「十兵衛」の跡地。 
IMG_1123 
定刻30分前に到着、シャッター待ちの先客11。台風の影響で出足は緩やかと思いますが、にしてもさすがの注目度。先の方には塩哲さん、まいど〜w 定刻にオープン。開店時20名程の並び。 
IMG_1129 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、塩生姜らぁめん750円、塩生姜つけめん850円、塩生姜の油そば850円(準備中)、生姜の豚めし350円、他。 
IMG_1127 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター13席(4席・9席)。券売機の隣に中待ち席3席。後客いっぱい、雨が強くなる中途切れない行列。 
IMG_1128 
厨房で麺上げは桑ばら@池袋の桑原さん!サポートはMANNISH店主さん。若い店主さんは、生姜の豚めし担当。接客担当の女性の4名体制。 
IMG_1132 
カウンターに掲示のカードを見ると、姉妹店が桑ばら@池袋、MANNISH@神田となっていて、生姜は文化。と合わせて塩のトライアングルを形成。 
IMG_1134 
BGMはヒップホップPV。箸は割り箸。卓上調味料はS&Bブラックペッパー、生姜酢。 
IMG_1131 
そして待つことしばし、「塩生姜らぁめん」完成で〜す♪ 
IMG_1137
受皿にレンゲ付きの白い反丼で着丼。 
IMG_1142 
具はでかいバラロールチャーシュー2枚、青菜、海苔、揚げねぎ、きざみねぎ。 
IMG_1139
スープはさらさらの清湯醤油味。生姜がガッツリと効いて生姜好きにはたまらない味わい。驚いたのは鶏清湯が力強く、揚げネギ効果と相まってパワフルな味わいに。桑ばらの出汁使いとMANNISHの生姜マジックのいいとこ取り&シナジー効果が結晶したかのよう。出汁感溢れる生姜スープでとっても美味しい! 
IMG_1148 
麺は平打ちでウエーブの付いた中太タイプ。淡麗塩スープには荷が重そうな存在感のある太めの麺ですが、スープに地力があるので麺とスープががっぷり拮抗。旨いっすね~! 
IMG_1145 
具ではチャーシューがオープン記念サービス!?ってくらいデカいのが2枚も載ってて、食べごたえ十分。コスパ良好でお腹も満足! 

おいしく完食!「塩生姜つけめん」も気になります。ごちそうさま! 

らぁめん 生姜は文化。 (261/’18)