2018年7月21日、関内の新店「麺処 山一」へ。
IMG_0257
2018年7月9日オープン。無化調清湯らーめんのお店。MENYA free style@藤沢本町の後、帰路にこちらへ立ち寄りw

IMG_0255 
店の場所は、JR関内駅北口徒歩約2分。みずほ銀行ATMコーナーの跡地。外観が渋過ぎてラーメン店にはっても見えず、通り過ぎて辺りを徘徊^^; 
IMG_0261
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、醤油ラーメン800円、塩ラーメン800円、幸せの青い卵(生)200円、チャーシュー丼300円、幸せ卵のかけご飯300円、他。 
IMG_0301 
TKGの卵はアローカナの青い卵を使用。アローカナの卵は通称「幸せの青い卵」と呼ばれているため、TKGの名称が「幸せ卵のかけご飯」に。そういえば、圓@八王子でもアローカナのTKGやってましたね。 
IMG_0271 
店内は厨房を囲むへの字型カウンター13席(への字の短辺4席、頂点から急角度で4席、浅い角度で5席)。 
IMG_0263 
13:00過ぎの到着で先客3、後客1。厨房には男性スタッフ2名。先客から遠い席への誘導、荷物は隣の席に置いて下さいという心遣い。退店時は見送りに出ていただいたりと、接客はクラス最上級。 
IMG_0265 
お冷は酢橘水? 
IMG_0298 
BGMはジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、胡椒、一味唐辛子。 
IMG_0269 
そして待つことしばし、「醤油ラーメン」完成で~す♪ 
IMG_0274
食券を渡すと「柚子を入れてもいいですか」という出門。はいと答えて到着したのがこちら。別小皿に柚子胡椒。 
IMG_0286 
具は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー1枚、穂先メンマ、きざみ青ねぎ、柚子皮。最初柚子胡椒は柚子とは違うやんけ~と思いましたが、トッピングにちゃんと柚子が載っていて一安心。柚子無しにすると柚子胡椒が無くなるかどうかは不明。 
IMG_0283
スープはさらさらの清湯醤油味。知床鶏の丸鶏から摂ったスープに、カエシは鶏ガラの焦がし醤油、ホタテ出汁とカツオの和風醤油、羅臼昆布出汁の3種の合わせ醤油。あっさりさっぱりの無化調らしい上品な和風出汁。カエシも控えめで、出汁の旨味が味わえます。美味しい! 
IMG_0295 
麺はストレート中細タイプ。ゆで中もしっかり撹拌、湯切りも丁寧。細身ながらシコシコと適度なコシがあります。醤油味ですが、柚子皮・柚子胡椒共に良く合って、すっきりと味変。 
IMG_0291 
おいしく完食!鯛のアラの出汁と羅臼昆布のスープの合わせ出汁という「塩」も気になります。ごちそうさま! 

麺処 山一 (249/’18)