2018年6月28日、東十条の新店「味噌麺処 櫻」へ。
IMG_8232
2018年6月22日オープン。いろいろ気になってこちらへw

ラーメンデータバンクの求人情報によると、「系列店では独立者を多数輩出し、地元では多くのお客様で溢れている。今回の都内出店では、新しいメニューを引っ提げてオープン。」だそうです。ほら気になるでしょうw 
IMG_8235 
一方フロムエーの求人情報では、「夫婦で経営する味噌ラーメン専門店。ベーシックなものからこれまでにないラーメンを展開する予定です。」となっていて、あれれって感じ。 
IMG_8238 
店の場所は、東十条駅南口徒歩約4分。居酒屋魚とや新八の跡地。 
IMG_8228 
入り口入ると右手にセルフレジ。小型のタッチパネル式券売機と勘違いしそうですが、注文はテーブルのタタブレットで。 
IMG_8225 
主なメニューは、極上味噌麺レアチャーシュー・煮豚750円、濃厚担々麺820円、夜限定 汁なしバジルチーズ麺830円、夜限定 つけ麺850円、他。 
IMG_8172
店名の由来?は、「桜の木のような静かに佇みながら訪れる人を笑顔に、元気にしてくれる心地よい私服の一杯を目指して」とか。 
IMG_8199 
「味噌麺」は、「信州の赤味噌、白味噌に野菜の旨味を練り込み濃厚に仕上げた一品」 
IMG_8178 
ASUSのタブレットのメニューは、トップページが目次で、ラーメンの種類によりタブが5つ。 
IMG_8180 
他に、ラーメン・トッピング・ご飯もの・一品・夜メニュー・宴会・ドリンクでタブが分かれてるらしく、注文に時間がかかりそう。 
IMG_8181 
なお、空いてる時だけかも知れませんが、口頭注文でも大丈夫だそうです。 
IMG_8183 
ラーメンのタブは一応撮影、他は画像が多くなり過ぎるので割愛。 
IMG_8185 
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター14席(9席・通路・5席)、奥にボックス席2卓。 
IMG_8188 
20:30頃到着で、先客2、後客3。壁紙は満開の桜の樹。厨房には店主さん?と、接客担当の女性の3名体制。 
IMG_8197 
BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、酢、一味唐辛子、ニンニク、ラー油、GABANブラックペッパー、GABANブラックペッパー粗挽。ブラックペッパーが2種類あるのはこだわり!? 
IMG_8193 
そして待つことしばし、「極上味噌麺レアチャーシュー」完成で〜す♪ 
IMG_8201
おススメは「極上味噌麺煮豚」とのことですが、写真で見るとチャーシューの脂身が凄そうなのでこちらに。 
IMG_8215 
具は、低温調理のレアチャーシュー、炒め野菜(もやし・玉ねぎ)、メンマ、白髪ねぎ、きざみ青ねぎ。 
IMG_8207
スープはとろ~りと濃厚な動物性の味噌味。中華鍋で火焔を上げながら炒め煮して仕上げたスープは、熱々で香ばしさ満点。にんにくが効いてるのと化調のアシストもあって、こってり味噌ラーメンの典型的な味わい。旨いのですが、味噌ダレが濃くてちょっとしょっぱいのもあって、かなり喉が乾きます。 
IMG_8220 
麺はストレート中太タイプ。濃いめのスープに負けないパワフルな麺で、スープと麺の親和性は高いです。 
IMG_8216 
おいしく完食!当初は店のバックボーンとか聞こうと思ってましたが、大手の資本系にしか見えないので、まあいっかとw 初訪のセオリーで店名メニューを注文しましたが、やはり「汁なしバジルチーズ麺」が気になります。ごちそうさま! 

味噌麺処 櫻 (218/’18)