2018年6月26日大安、本日オープンの新店「中華そば 龍の眼 Produced by 創作麺工房 鳴龍」へ。
IMG_8085
ミシェラン1つ星の名店鳴龍@大塚のプロデュース店。昼は50人並んだという情報も。夜はそんなに列ばないだろうと、甘い考えで行ってみたw

IMG_8025 
店の場所は、銀座線末広町駅3番出口徒歩約3分。妻恋坂近く。北かま→いち魚らん坂WATARUビーストの跡地。なお、「いち」~「WATARU」はリニューアル。 
IMG_8015 
19:40頃到着で、外待ち24名。まあ想定内^^; 
IMG_8088 
店頭に待ち席3席、その後はガードレールに沿って列ぶスタイル。列びの先の方にはキースさん。最近良く遭遇w 
IMG_8034 
順番が来て店内へ。券売機はなく伝票方式、食後レジにて会計制。 
IMG_8020 
主なメニューは、中華そば750円、豚葱そば950円、ワンタンそば980円、角煮そば1200円、チャーシューそば1100円、味付玉子100円、他。 
IMG_8035 
メニュー裏は3ヶ国語表記。「豚葱そば」は「中華そば」に豚肉細切りとねぎが載って、豆板醤が入るピリ辛仕立てだそうです。後で知ったのですが、「チャーシューそば」はチャーシュー他の追加トッピングが別皿で提供。 
IMG_8041 
到着時、角煮そば、ワンタンそば、味付玉子が売り切れ。 
IMG_8030 
店内は厨房を囲むJ字型カウンター13席(9席・3席・1席)。カウンターの裏カーテンで仕切られたブースに5席のカウンターがありますが、グラスなどの什器置き場になっていて席としては未開放。 
IMG_8043 
スタッフは男性5名。鳴龍齋藤店主は昼の部調理を担当されたそうですが、訪問時は調理台の傍らで眼を光らせてチェックに専念。あ!替玉の注文か入ったときは麺上げされてましたw 
IMG_8046 
BGMはモダンジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料はペッパーミル入り胡椒。 
IMG_8052 
そして待つことしばし、「中華そば」完成で〜す♪ 
IMG_8057
鳴龍と同じ形状の器で着丼。 
IMG_8065 
具はチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、みじん切りの青白ねぎ。崩すのが惜しくなるほど美しいビジュアル! 
IMG_8059
スープはさらさらの清湯醤油味。鶏魚介ですが、なに一つ突出することのない、澄み切った端麗な味わい。砂漠の中で奇跡的に辿り着いたオアシスで飲む水の様に、沁み渡る心震える一杯。美味しくて、言葉になりません! 
IMG_8079 
麺はストレート中細タイプ。鳴龍ではなく龍の眼製の自家製麺とか。しなやかでなめらかでたおやかな麺は、啜るほどに旨さと心地良さが広がりますます。 
IMG_8069 
お隣さんの「チャーシューそば」の別皿チャーシュー。写真のみ。「チャーシューそば」は、「中華そば」+別皿チャーシューが完成形。鳴龍では、夜のアラカルトのまるでステーキの様な「炙りチャーシュー」が有名ですが、その片鱗が伺えます。 
IMG_8074
何にせよお隣さんは、以前お会いしたことがあると思いますが、お名前が思い出せずすみませんm(__)m ってか、チャーシュー旨そう!^^; 

おいしく完食!超久々に鳴龍本店に行きたくなりました!ごちそうさま! 

中華そば 龍の眼 Produced by 創作麺工房 鳴龍 (216/’18)