2018年3月23日、駒込の新店「蕎麦 いなり」へ。 IMG_8007
2018年5月28日、5月30日~6月1日プレオープン。6月20日~23日臨時オープン。7月8日大安グランドオープン。東中野へ移転したきなりからレシピを譲り受けたという、蕎麦とラーメンのお店。

1回目のプレオープンのときはタイミングが合わずでした。2回目のプレ(臨時)オープン最終日、まるは@船橋→一’s@船橋の後こちらへw

 IMG_8012 
店の場所は、駒込駅東口徒歩約3分。逸九MOJA→ビブグルマン掲載店きなりの跡地。「きなり」の後に「いなり」^^; 
IMG_8002  
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、しょうゆ蕎麦780円、しょうゆそば(中華麺)780円、しお蕎麦780円、しおそば(中華麺)780円、もり蕎麦(生かえし)600円、もり蕎麦(本かえし)600円、r冷製シソベーゼ蕎麦880円(X表示)、蕎麦飯(バターしょうゆ味)180円、他。 
IMG_7962  
もり蕎麦の「生かえし」は火を通さないカエシ(生醤油?)、「本かえし」は火入れしたカエシ。店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席(5席・2席)。12:40頃到着で、先客2後客5。厨房には店主さんと女将さんかな、2オペ体制。 
IMG_7947 
食後ですが「きなり」との関連を聞いたところ、移転にあたって「きなり」の店主さんが。「駒込のお客さんは塩が好きなので」と言って「汐そば」のレシピを置いて行ってくれたそうです。 
  
もちろんきなり店主といなり店主は赤の他人ではなく旧知の仲で、イベントなどで何度かタッグを組んだこともあるとのこと。 
IMG_7966  
移転後の後継店が前店そっくりのメニューを出すことが出来るのは、前店店主さんが移転にあたってお世話になった街への恩返しからでした! 
IMG_7955 
箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、七味唐辛子、GABANブラックペッパー。 
IMG_7964 
そして待つことしばし、「しょうゆそば(中華麺)」完成で~す♪ 
IMG_7974  
移転前のきなりと同じ器(譲り受けたもの?)で着丼。ついいつもの癖で券売機上段の方をプッシュ。ここで行っとくべきは「塩」でした^^; 
IMG_7987  
ビジュアルもまんまそっくり!具は、低温調理の豚・鶏チャーシュー、たけのこ、海苔、青菜。海 

苔はトッピング前に火口で炙る一手間。ラーメン店で提供前にチャーシューを炙るのは良く見かけますが、海苔を炙ったのは見たのは何時以来!?店主さんは和食出身と推定w 
IMG_7978
スープはさらさらの清湯醤油味。ちなみにレンゲも駒込きなり仕様。じんわりと優しく胃の腑に沁み渡る滋味溢れる味わい。淡麗なのに物足りなさを感じさせない自然な旨味とコクもしっかり。「醤油」もいいじゃないですか!美味しい! 
IMG_7994 
麺はストレート中細タイプ。麺も同じなら三河屋製麺製でしょうか。ゆで麺機が1台で蕎麦と中華麺の同じ機械でゆでるのかも(未確認)。もしそうだとすると蕎麦湯は専用に摂ってるのかな?て、蕎麦の話じゃないですね^^; 柔らかなゆで加減は好みピッタリ、旨いです! 
IMG_7989 
おいしく完食!やはり「しおそば(中華麺)」も確認しに来なくては。それに、手打ち蕎麦練習中なので、蕎麦も気になります。ごちそうさま! 

蕎麦 いなり (215/’18)