2018年6月9日、銀座の新店「麺屋ひょっとこ 銀座店」へ。
IMG_6662
2018年6月4日プレオープンスタート。6月11日グランドオープン(予定)。交通会館で行列の絶えない麺屋ひょっとこの2号店。crab台風。@人形町で蟹MAXな一杯をいただいた後、真逆なあっさりをいただきにこちらへw

和風柳麺 麺屋ひょっとこは、2005年1月オープン。現在イトシアプラザ1Fにも出店している、創業72年の老舗甘味処「甘味おかめ」が手がけるラーメン店。もともとは「おかめラーメン」というメニューをアレンジして、スピンオフさせたのが始まりとか。 
IMG_6658  
店の場所は、銀座駅C2出口徒歩約3分。朧月やはしごのある通りの裏の細い路地沿いで、桔梗の正面のビルの真裏。求人情報によると、「お洒落で女性のお客様も気軽に入れるコーヒースタンドの様なラーメン店。銀座で一番お洒落で美味しいラーメンを目指しています。」だそうです。 
IMG_6655 
ファサードがあまりにもスタイリッシュ過ぎてまるでラーメン店に見えず、気づかずに通り過ぎて街区を丸一周してしまいました(^^ゞ 
IMG_6609 
入店すると、まずタッチパネル式券売機で食券購入です。主なメニューは、和風柚子柳麺730円、和風柳麺670円、豚丼350円、他。タブが、「麺」と、「ごはん、トッピング、大盛り」の2つに分かれています。 
IMG_6611 
店内は、厨房を半円に囲むカウンター9席。12:00頃到着で先客7と混んでましたが、後客無し。厨房には男性2、女性1の3名体制。 
IMG_6605  
交通会館B1のひょっとこは以前食べてますが、その時はたまたまゆで湯が真っ茶色でとろみ系のドロドロだったので、記事は上げずじまいに。 
IMG_6649  
今回、こちらでのゆで湯は当然透明でした^^; 火が使えないビルなのか、ゆで麺機は分かりませんが、スープのコンロはLEDが赤く灯る電熱ヒータ。 
IMG_6617 
BGMはR&B。箸は割り箸。卓上調味料は胡椒、酢、一味唐辛子。 
IMG_6615 
そして待つことしばし、「和風柚子柳麺」完成で~す♪ 
IMG_6623
淡いブルーが涼し気な玉丼で着丼。 
IMG_6636 
具は、チャーシュー、メンマ、味玉半個、三つ葉、きざみネギ、時期的なものか、ゆず皮は黄色ではなく緑色。 
IMG_6626
スープはさらさらの清湯塩味。どこにでもありそうな見かけながら、風味と味わいは「ひょっとこ」ならでは。柚子の効きもでしゃばらずちょうどいい按配。交通会館の下はほぼ行列ですが、こちらはいまのところゆったりいただけます。まさに「和風柳麺」のネーミングがしっくり来るほっこりする味わいで、とても美味しい! 
IMG_6645 
麺はストレート中細タイプ。ゆで前の丹念な麺ほぐしが印象的。シコシコと腰のある麺でスープに対して麺がやや勝ち気味な気もしますが、それも含めてひょっとこの味わいなんですよね~。 
IMG_6638  
おいしく完食!営業時間も長くて、銀座での選択肢が増えたことは助かります。ごちそうさま! 

麺屋ひょっとこ 銀座店 (196/’18)