2018年6月1日、本日オープンの新店「中華そば 梟」へ。
IMG_5974
いろいろなお店で間借り営業してきた店主さんが、満を持して路面店を開業。間借り時代は神出鬼没過ぎて、機会がありませんでした。いい評判しかなくて、売切れ早仕舞い覚悟で突撃w

IMG_5978 
店の場所は蓮沼駅徒歩約10秒。ほしの→繁→にそうと入れ変わった跡地。 
IMG_5980 
店頭開店祝花は、トイボックス・しば田・KABOちゃん、麺画廊英、維新、天国屋、宮元、庵、惠本将裕 から。 
IMG_5981 
19:40頃到着で、ちょうどキースさんが出てきたところ。まだOKとのことでラッキー! この時まさに、店主さんが本日20:15終了をツイートしてる瞬間でしたw 
IMG_5983 
暖簾がわりのふくろうTシャツをくぐって入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_5985 
主なメニューは、中華そば750円、辛いそば750円、他。 
IMG_5988
店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター6席。ですが、際奥1席は花置き場になっていて、5席での営業。 
IMG_5989 
テーブルフラワーの送り主には、見知った顔もちらほら。 
IMG_5991 
先客4後客なし。厨房には店主さんワンオペ体制。 
IMG_6022 
BGMはJ-POP。あまり詳しくないですが、KICK THE CAN CREW縛りかも。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。 
IMG_5995 
そして待つことしばし、「中華そば」完成で〜す♪ 
IMG_6000
白いシンプルな麺鉢丼で着丼。 
IMG_6008 
具は豚と鶏のチャーシュー2種、きざみ青ねぎ、お麩。麩は以前から定番の具で、「中華そば 梟」のアイデンティティらしいです。 
IMG_6009
スープはさらさらの清湯醤油味。煮干がバリッとと効いた仕立て。淡麗ですがキレッキレではなく、どちらかと言うとオーソドックスな構成。カエシも香味油も強めでメリハリがあります。非常に安定感のある味ですごく美味しい! 
IMG_6016 
麺はストレート中細タイプ。丁寧な湯切りも好印象。ちょい固めのゆで加減が、ニボニボスープによく合います。 
IMG_6012 
おいしく完食。「辛いそば」も気になります。ごちそうさま! 

中華そば 梟 (186/'18)