2018年5月12日、関内の新店「麺者 雄 MENJA YU」へ。
IMG_4036
2018年4月26日関内ラーメン横丁の口開けラーメン店2軒のうちの1軒としてオープン。唐桃軒で一杯いただいた後お隣へw
IMG_3958  
「麺者 雄」は、「麺処 雄」として2010年12月28日、東神奈川にオープン。 
IMG_3960  
店主さんはマレーシア出身の元和食料理人。看板メニューの鶏白湯は無化調。 
IMG_3963  
関内ラーメン横丁への出店に伴い、セルテ6Fに移転。移転に伴いチャーシューをパワーアップとか。店頭には三河屋製麺の麺箱。 
IMG_4026  
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_4039  
主なメニューは、鶏白湯(白・黒・赤)800円、つけめん800円、辛つけめん800円、ピリ辛まぜそば800円台湾ラーメン800円、担々麺800円、酸辣湯麺800円、醤油700円、塩700円、半ラーメン各種500円、他。 
IMG_4029  
醤油・塩は夜限定メニュー。つけ麺はつけ汁がグツグツと沸騰してました!推し麺は鶏白湯ですが、気になった「担々麺」をチョイス。
IMG_4034  
店内は奥が厨房で手前が客スペース。 カウンターは無く全席テーブル席で、可動式の2人卓x8。11:40頃到着で、先客8、後客8。スタッフは男性3名。 
IMG_4046 
BGMはテレビ放送。箸は割り箸。卓上調味料は黒コショー、食べるラー油、酢、フライドガーリック。
IMG_4043 
そして待つことしばし、「担々麺」完成で~す♪ 
IMG_4051  
サイドが赤い多用丼で着丼。 
IMG_4061 
具は肉味噌、味玉半個、きざみ青ねぎ、胡麻。挽き肉が驚くほどたっぷり入っていて、満足度はハイアベレージ! 
IMG_4058
スープはややとろみのある濃厚な胡麻味。芝麻醤がバッチリ効いて胡麻の甘みにちょいピリ辛。痺れはなく、四川料理の担々麺とは異なる日式のアプローチ。ベースの鶏白湯のコクと素性の良さが活かされていて、とても美味しい! 
IMG_4069 
麺は三河屋製麺のストレート中細タイプ。そのまま啜っても旨いですが、ひき肉を絡めながらいただきと至福です! 
IMG_4066  
おいしく完食!3味あるデフォの鶏白湯も気になるし、夜限定の清湯もなんとか試してみたいです。ごちそうさま! 

麺者 雄 MENJA YU (160/’18)