2018年4月19日、恵比寿の新店「博多タンメン酒場イチカバチカ 恵比寿店」へ。
IMG_2136
2018年4月18日大安にオープン。一風堂の新業態店。初日は蒲田とこちらで迷って、近い方の蒲田にしました^^; ってことで、翌日恵比寿へw

IMG_2130 
一風堂と書きましたが、正確には力の源ホールディングスのニューブランドで、恵比寿・吉祥寺に店舗のある「博多うどん酒場 イチカバチカ」の姉妹店。 
IMG_2139 
プレスリリースによると、九州のチャンポンと関東のタンメンのいいとこ取りをした新感覚の「たんめん」とか。 
IMG_2126 
店の場所は、JR恵比寿駅西口徒歩約3分、日比谷線5番出口徒歩約1分。ファサードが意外なほど地味で、最初気づかず素通りしてしまいましたσ(^_^;) 
IMG_2125 
券売機はなく後会計制。夜の部食事のみでもOK。飲みの場合でもテーブルチャージ、お通し無し。 
IMG_2080
麺メニューは、たんめん780円、鳥カラたんめん980円、もつたんめん980円、特製豚カラたんめん1200円。 
IMG_2071
「豚カラ」は、2014年閉店した「チャンポン ハカタノチカラ」の「豚から」を再現した一品。 
IMG_2073
たんめん類の麺は、ちゃんぽん麺と宮崎の辛麺で使用される春雨麺から選べます。 
IMG_2077
一品料理多数ラインナップ、博多の屋台の雰囲気を味わえる「博多の肴」シリーズが特徴的。 
IMG_2082 
ドリンクは、国内産ノンワックスレモンを使用した、冷凍レモンが氷代わりという「一八レモンサワー」がイチオシ。 
IMG_2083 
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター9席、他はテーブル席で計44席。19:50頃到着で、6割型の入り。後客は3名、2名、2名だったかな。割り箸の上には博多達磨が鎮座w 
IMG_2095 
スタッフは、厨房・ホールに男女合わせて11名確認。注文受付・会計はハンディPOS端末で、伝票フリー。レジを担当してくれた女子は、博多弁でした! 
IMG_2088 
BGMはJ-POP。箸は割り箸。卓上調味料は、ホワイトペッパー、ブラックペッパー。 
IMG_2093 
食べてる途中で、「柚子胡椒です。味が変わって美味しくいただけますので、よろしかったら使ってみて下さい」とスタッフの女の子が持ってきてくれました。 
IMG_2123 
そして待つことしばし、「たんめん(ちゃんぽん麺)」完成で〜す♪ 
IMG_2097
「丼が熱いのでご注意下さい」とのアナウンスと共に着丼。確かに熱々で不用意に触るとアチっとなります^^; 
IMG_2108 
具は、もやし、キャベツ、にんじん、たこ、桜えび、かまぼこ、ニラ、キクラゲ、さつま揚げ、軟膏、揚げ味玉。 
IMG_2104
スープはさらさらの白湯塩味。「博多うどん酒場イチカバチカ」のいりこが効いたうどんつゆと、一風堂の豚骨スープをブレンド。中華鍋で食材を炒めて、スープを合わせて仕上げた杯は高温熱々。ぶっちゃけめちゃくちゃ美味しい!炒めた食材からの出汁も効いて、味に深みと広がりが出てます。豚骨魚介もこういうのなら大歓迎!のっけから飲み干すことを確信した一杯! 
IMG_2119 
麺は、自社製麺のちゃんぽん麺。スープがちゃんぽんとは明らかに違いますが、違和感はありません。スープと具の印象が強いですが、麺も他に拮抗するパワーがあって、美味さと楽しさが最後まで持続します。 
IMG_2115 
おいしく完食。一品料理のどれもが旨そうで、飲みもかなり良さげ!ただ、料理が豊富に充実し過ぎていて、たんめんまでたどり着けない懸念もw ごちそうさま! 

博多タンメン酒場イチカバチカ 恵比寿店 (132/'18)