2018年4月14日、関内の新店「ハマカゼ拉麺店」へ。     
IMG_1827
2018年3月24日オープン。ぼぶさんの記事によると、店主さんはくじら軒で20年努めた方とか。評判も大変良く楽しみにしてました。しろ@県立大学→天空@上大岡の後、ブルーラインで関内へw

IMG_1836 
店の場所は、JR関内駅南口徒歩約3分。横浜文化体育館の真正面。カフェ・トルーヴィルの跡地。 
 IMG_1837 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、清湯醤油らーめん750円、特製清湯醤油900円、パーコー麺1000円、担々つけ麺850円、ざるらーめん850円(準備中)、ミニパーコー150円、他。 
IMG_1794
くじら軒といえば武蔵・青葉と並び称される96年組。推し麺はパーコー麺ですが、こちらでもラインナップ。3軒目なのでミニパーコーをトッピングしようかと。 

ですが、特製がミニパーコー+半味玉で、ミニパーコートッピと同額なのに気づいて、何年ぶりかの特製をオーダーw 食券を渡すと「揚げ物は少しお時間がかかります」とのインフォがあります。 
IMG_1833 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター13席(長辺6席・通路・4席・短辺3席)。13:20頃到着で、先客10、後客8。入店時はたまたま空席がありましたがすぐに満席、外待ち発生。店内すごく活況があります。 

スタッフは店主さんとこちらもくじら軒出身のアシスタントの男性、女性2名の計4名体制。BGMはジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、GABAN一味唐辛子、GSラーメンコショー。 
IMG_1797 
そして待つことしばし、「特製清湯醤油らーめん」完成で~す♪ 
IMG_1801
修行先と同様受皿にレンゲ付き、白地に青い模様の似たデザインの器で着丼。提供時「パーコーが揚げたてで熱いのでご注意下さい」とのアナウンスがあります。 
IMG_1811 
具は、チャーシュー、パーコー、青菜、味玉半個、なると、メンマ、きざみねぎ。 
IMG_1809
スープはさらさらの清湯醤油味。動物魚介のすっきりとしながらも旨味たっぷりの、誰もが素直に旨いと感じる味わい。まさにくじら軒をブラッシュした様なテイストで、懐かしいけど今でも新鮮。列んででも食べたくなる味で、凄く美味しい! 
IMG_1822 
麺は三河屋製麺製のストレート中細タイプ。シコシコとした細麺が味わい深いスープに良く合います。 
IMG_1816 
ミニパーコーが感涙モノの旨さで、スープを吸ってもなおかつ身と衣がしっかり。さっくりとした食感でホント旨いです! 

おいしく完食!お隣さん2人組、「担々つけ麺」で追い飯投入後「美味しい」連発してたのが印象的w ごちそうさま! 

ハマカゼ拉麺店 (128/’18)