2018年4月7日、ラーメンスクエアの新店「えびそば えび助 TOKYO」へ。
IMG_1302
2018年4月5日オープン。昨年のラーメントライアウト優勝店。安ざわ食堂の後立川へワープw

IMG_1376  
えびそば えび助は、2012年12月宮城県仙台市にオープン。ラースク公式によると、ラーメン店の前は「平成17年日本そば店を開業。そばの出汁と返しの製法からアイデアが浮かび海老そばが生まれる」とか。昨年、ラーメントライアウト2017で優勝。 
IMG_1246 
店舗の場所はいちや→次男坊BLACK REDと入れ替わった跡地。入口脇には、トライアウト2017優勝トロフィーがディスプレイされています。 
IMG_1250  
入店前にまず店頭券売機で食券購入です。 
IMG_1239
主なメニューは、海老そば750円、濃厚海老そば800円、海老のつけそば850円、海老鶏白湯そばsio880円、海老の油そば700円、辛い海老そば780円、醤油鶏そば700円、他。 
IMG_1244 
トライアウト優勝メニューは確か濃厚だったと記憶していて、「濃厚海老そば」をチョイス。後で調べたら、優勝メニューは「海老鶏白湯そばsio」でした。ってか、画像見ると、券売機横にでっかく掲示してあるし(・_・) 
IMG_1254  
12:50頃到着で、店内満席外待ち3に接続。館内BGMは、きゃりーぱみゅぱみゅの軽快なメロディ。 
IMG_1241 
店内は、中央に対面カウンターというか6人卓と、周囲にテーブルが2人卓x3、4人卓x4のレイアウト。 
IMG_1297  
スタッフは、厨房にポスターの店主さんと、アシスタントの男性、洗い場に男性、ホール担当女性の合わせて4名体制。 
IMG_1300 
前店で「無料薬味コーナー」だったところは、つけそば用割りスープ、紙エプロン、ヘアゴム、醤油、酢、ラー油のセルフコーナになってます。 
IMG_1267

壁面ポスターより、1杯に約60匹の海老使用だそうです。 
IMG_1268 
BGMはピアノ環境音楽。箸は洗い箸とエコ仕様。卓上調味料は、GABANブラックペッパー、一味唐辛子。 
 IMG_1263 
これまた後で気づいたのですが、「海老辣醤」という海老版の食べるラー油みたいな調味料があって、どの麺類にも良く合うとか。でも、だれも頼んでる一がいなくて、オススメなら出しといた方がいいかと。 
 IMG_1260 
そして待つことしばし、「濃厚海老そば」完成で~す♪ 
IMG_1270  
受皿付きエビのマーク入りの丼で着丼。 
IMG_1280 
具は、チャーシュー、メンマ、九条ネギ、干し海老。 
IMG_1278
スープは、とろ~りと濃厚な白湯醤油味。「国産丸鶏と鶏ガラを8時間じっくりと煮出し、最後に大量の甘海老で香りを移したスープ」とか。「海老そば縁や」や「えびそば一幻にもちょい似の海老濃度の濃い海老リッチな味わい。まろやかでコクが有り、エビ好きには堪らない味わい。海老の香りと味が存分に楽しめて実に美味しい! 
IMG_1290 
麺はストレート中太タイプ。ツルンとなめらかな麺肌に濃厚スープが適度に乗って、一啜りごとに麺と一緒にエビの香味が味わえます。 
IMG_1286  
おいしく完食。次回は「海老鶏白湯そばsio」で決まりです。ごちそうさま! 

えびそば えび助 TOKYO (120/’18)