2018年4月2日、池袋の新店「カレーつけ麺 壬生」へ。
IMG_0959
2018年4月1日オープン(3月28日〜プレオープン)。カレーは飲み物、とんかつは飲み物を展開する日本カレーライフ協会㈱の新業態店。カレー系のラーメン・つけ麺は見逃せませんw

 IMG_0896 
店の場所は、池袋駅北口徒歩約3分。へいわ通り入口脇3軒目の建物。旧「カレーは飲み物。(揚) 池袋北口店」からのリニューアル。 
IMG_0954 
店名「壬生(みぶ)」は代表の苗字から。「なぜ蕎麦にラー油 を入れるのか。」も「カレーは飲み物。」と同じグループで、「蕎麦に~」の池袋本店が別名「池袋 壬生」です。 
IMG_0897 
また、「蕎麦に~」には、「黒カレー肉そば」というつけ蕎麦メニューがあって、かれーつけの新店が、姉妹店同士のいいとこ取り店的な成り立ちにも思えます。 
IMG_0950 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、とんかつカレーつけ麺1090円、カレーつけ麺800円、エビ天カレーつけ麺1060円、タンドリー唐揚げカレーつけ麺980円、ヤサイちゃんぽん麺790円、他。 
IMG_0901
カレーつけ麺とヤサイちゃんぽん麺のツートップ構成。麺量並200g、中盛250g、中盛同料金で、量を券売機ボタンで選ぶ方式。オープン記念として、4/3まで〆の追い飯サービス。熱盛り可で、注文時に申し伝えます。 
IMG_0904 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席(6席・3席)。19:40頃到着で、先客6、後客4。お約束のシゲッチさん到着w 丸山製麺の麺ケースを見つけて嬉しそう( ^ω^ ) 
IMG_0937 
スタッフは厨房に男性2名。BGMはAFNラジオ放送。箸は割り箸。卓上調味料は一味唐辛子、胡椒。紙エプロンは言って出して貰う方式。 
IMG_0910 
そして待つことしばし、「カレーつけ麺(熱盛り)」完成で〜す♪ 
IMG_0911
麺の上の具は、笹切りねぎ、きざみ海苔、胡麻。 
IMG_0919 
つけ汁には粉チーズと、専用ボンベから射出された生クリームのエスプーマ。 
IMG_0926 
麺は丸山製麺製の断面が四角い太ちぢれタイプ。熱盛りにしても強靭なコシがあって、冷盛りだとかなりの剛性の強さと推測。 
IMG_0921 
つけ汁は、器が熱くて持てなくなるほど熱々での提供。とろ〜りと高濃度で、そのままカレーソースとしてライスと一緒に出されても違和感ないレベル。 
IMG_0930 
辛さは控えめですが、専門店らしく様々なスパイスが効いていて深みのある味わい。辛さが足りなければ卓上一味でブースト可能。つけ汁のなかの具は、牛バラ肉、玉ねぎ。 
IMG_0927 
カレーにどっぷりと麺を付けていただくと、これぞTHEカレーつけ麺と呼びたくなる味わい。ゴワッとむっちりな太麺にカレーが絡みまくって、カレー好き・つけ麺好き双方納得のWIN-WINなテイスト。熱盛りだと最後まで熱々キープ。これはほんと美味しい! 
IMG_0933 
麺を食べ終えたら、〆の追い飯コール。追い飯は、フレイドオニオン付きのサフランライスがカレーソースポットで、粉チーズの瓶を添えて提供。 
IMG_0940
サフランライスをカレーソースにドボン、粉チーズをかけてカレーリゾット、っていうか真性カレーライスw 旨くないはずがなく、〆としてはそりゃもう最高のフィナーレを迎えられます! 
IMG_0949 
おいしく完食!もう一つの「ヤサイちゃんぽん麺」も気になります。ごちそうさま! 

カレーつけ麺 壬生 (114/’18)