2018年3月28日、本日オープンの新店「成都正宗担々麺 つじ田 赤坂アークヒルズ店」へ。
IMG_0477
二代目つじ田グループの担々麺専門ブランドで、小川町店の2号店。1号店が良かったので、こちらも早速w

3月28日.アークヒルズアーク森ビル3Fレストランフロアーが、リニューアルオープン。全9店新登場。ラーメンはつじ田系の「成都正宗担々麺」と、田中商店系の「田中そば店」の2軒。さらにラーメンではありませんが、つじ田系の海鮮丼専門店「つじ半」もオープン。 
IMG_0474 
出店リストは次の通り。 
1.DexeeDeli アークヒルズ店 
2.タイ料理 チャンロイkaaw 
3.日本橋 天ぷらめし 金子半之助 アークヒルズ店 
4.金沢かつぞう 
5.日本橋海鮮丼 つじ半 
6.成都正宗担々麺 つじ田 アークヒルズ店 
7.中華そば専門 田中そば店 
8.CRISP SALAD WORKS 
9.北海道 スープスタンド 
IMG_0544 
店の場所は、アークヒルズノースタワー3F。隣接するアークヒルズサウスタワーにもレストラン街があって間違いやすいので要注意→間違えるのは自分だけ(^_^;) 
IMG_0478 
レイアウト的には、手前からつじ半、つじ田担々麺、田中商店と、3軒並ぶレイアウト。 
IMG_0543 
入店前に、まず店頭券売機で食券購入です。メニュー構成は、「正宗式」・「成都式」・「killer  noodle」それぞれに汁ありと汁なしでマトリクスを構成。正宗980円、成都960円、killer  noodle880円。 
IMG_0481
「成都式」が、「麻辣のストレートな辛味とキレ」。「正宗式」が、「胡麻の芳香な香りに旨味とコク」。「killer  noodle」が、「白麻婆豆腐に生唐辛子とブラックペッパーのダイレクトな辛さ」。「killer  noodle」は、少なくとも1号店のオープン当初には無かったメニューで、初見。 
IMG_0485 
注文すると辛さを聞かれます。辛さは辛さをLevel0~Level6までの7段階で、Level3が標準で。小川町店は、当初Level5+100円、Level6+200円。でしたが、値上りた副作用こ、Level6まで無料。 
IMG_0487 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター16席(12席・4席)。19:50頃到着で、1席のみ空き。後客8ほどですが退店時は空席が目立つ感じ。 
IMG_0488 
スタッフは、厨房に男女合わせて5名、ホール担当女性2名。 
IMG_0489 
紙エプロンとテッシュボックスはカウンター下の棚ですが、まばらにしかなく、席によっては手が届きません。 
IMG_0495 
厨房には三河屋製麺の麺箱。 
IMG_0497 
コップがやたらデカくて重いですw BGMはジャズ。箸は割り箸。 
IMG_0536 
卓上調味料は汁ありタレ、汁なしタレ、酢、四川山椒。レンゲは通常と穴あきタイプの2種類完備。 
IMG_0491 
そして待つことしばし、「killer  noodle(Level4)」完成で〜す♪ 
IMG_0501
受皿付きの白い六兵衛で着丼。 
IMG_0509 
レモンはあらかじめ別皿で提供。本体提供時、途中でレモンを絞ってお召し上がり下さいとのアナウスがあります。 
IMG_0514 
具は白麻婆豆腐、きざみ青ねぎ、生唐辛子、ブラックペッパー。 
IMG_0511
スープはさらさらの清湯塩味スープで、上から白麻婆豆腐を載せたもの。スープと麻婆餡は別ですが、餡が多くてどこを取っても麻婆が乗ってくる仕掛け。白麻婆豆腐の挽き肉は、豚ではなく鶏です。 

あっさり仕立てながらしっかりと旨味のある麻婆に、たっぷりの黒胡椒と生唐辛子効果で、スパイシーな刺激がストレートに伝わってきます。killer noodleというにはLevel4ではいささか殺傷力不足ですが、それでもかなり美味しい! 
IMG_0524 
麺は、三河屋製麺製のストレート中太タイプ。1号店で担々麺だとやや重たく感じた麺ですが、軽い口当たりのkiller noodleではピッタリのマッチングでした。 
IMG_0517 
後半レモンを絞ってさっぱりと味変。白麻婆にレモン果汁がすごく良く合います。また、レモンで口中をさっぱりリセットしたおかげで、辛さの刺激が一層尖鋭的に感じられました。痛辛くて旨い! 
IMG_0528 
おいしく完食!汁なしkiller noodleも気になります。ごちそうさま! 

成都正宗担々麺 つじ田 赤坂アークヒルズ店 (107/’18)