2018年3月17日、中野の新店「横浜家系らーめん 五丁目ハウス」へ。
IMG_9615
2018年3月16日大安にオープン。@三軒茶屋で鶏を、Gavy Setagaya@上町でヴィーガンを楽しんだ後、今度は家系へw

店の場所は、青樹@立川系列の五丁目煮干し跡地。五丁目煮干しが閉店するにあたり、店長さんが店舗を引き継いで独立。経営的に青樹とは無関係になりましたが、店名はそれとなく踏襲w 

中野5丁目で煮干ラーメンの店だったので、「五丁目煮干し」。からの家系ラーメン店になったので、「五丁目ハウス(家)」w 
IMG_9551  
店頭には開店祝花。三河屋製麺、武蔵境つばさ家から。煮干しラーメン青樹からの花もあって、円満退社が伺えます。 
IMG_9554 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、ラーメン並盛680円(160g)、中盛り100円増し1.5玉(240g)、大盛200円増し2玉(320g)、他。 
IMG_9560  
券売機横にコップと給水器がありますが、水を汲むのはちょっと待った! 席のピッチャーに冷茶が入っているので、お茶が良ければコップだけ持って席へ。水が良ければ給水器で。 
IMG_9557 
食券を渡すと家系流儀のお好みを聞かれます。また無料ライスの有無を聞かれます。スープに浸した海苔でライスを食べるのが家系醍醐味ですが、3杯目なのでライスは自粛(^_^;) 
IMG_9581 
店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター8席。13:10頃到着で、先客4、後客6位。厨房には店主さんワンオペ。冷蔵庫のアートペイントは以前のまま、奥の棚の上には煮干のダンボールと前店の面影も。 
IMG_9571 
BGMはFM J-WAVE。箸は割り箸。卓上調味料・薬味は、おろし生姜、豆板醤、おろしニンニク、擂ってある胡麻、一味唐辛子、GABANブラックペッパー、酢、辛くない高菜。 
IMG_9574 
高菜を小皿に取ってスタンバイ。 
IMG_9580 
そして待つことしばし、「ラーメン 並盛(麺柔め)」完成で~す♪ 
IMG_9583
シンプルな切立丼で着丼。 
IMG_9594 
具は、チャーシュー、海苔3枚、ほうれん草、きざみねぎ。チャーシューは、厚くて大きく柔らかで旨いですが、端っこの色の濃い血合い?の部分は固くて苦味がありました。 
IMG_9588
スープはとろんと濃厚な豚骨醤油味。いきなりハイレベルで家系の名店に近い味わい。鶏油も香ばしく、コレは美味しい! 
IMG_9602 
麺は、三河屋製麺のストレート中太タイプ。家系で三河屋の麺って、印象に残った記憶があまりないですが、今回はふっくらしていて味があり良かった!出来ればもう少し柔めだとさらにいいかも。 
IMG_9599 
ひとしきり楽しんだ後、すり胡麻、おろし生姜、豆板醤を加えて味変。さらに時間差で一味唐辛子、高菜をアドオンしてカスタマイズ。ベースがしっかりしているので、何を足してもウマイです! 
IMG_9609  
おいしく完食!中野には武蔵家、中野家、武道家など家系の人気店がひしめいていますが、頑張って下さい!ごちそうさま! 

横浜家系らーめん 五丁目ハウス (94/’18)