2018年2月12日、六町の新店「新潟発祥 なおじ 足立六町店」へ。
IMG_6504
2018年2月11日、12日、14日プレオープン、2月15日グランドオープン。なおじブランドの新店とあっては気になっちゃって、AKEBI@柏の後に訪店w

IMG_6491 
ラーメンなおじは、和製デップと呼ばれた佐藤なおじ社長率いる新潟メインに展開するラーメン店。一時期都内にも支店がありましたが撤退。経営破綻や分裂騒動などがあり、「新潟らーめんなおじ」(総本店・新大前店・吉田店)は帝国フードクリエイト傘下に。 
IMG_6500 
2017年9月1日都内に復活したお茶の水店も上記資本系列。 佐藤社長のオールドタイムズ㈱は、Ramenおこじょ・なおじ蓮潟店・中華SOBA鬼にぼを運営。そして、足立六町店は前記お茶の水店と同系列。 
IMG_6501 
店の場所は、六町駅約1.3km。斜向いには田中商店。美容室Wish→直弁299の跡地。 
IMG_6493 
駅から遠いですが、駐車場は店舗横の枠2番の1台分。12:00ちょうどくらいに到着で、店内満席外待ち6名に接続。10:00オープンなので、こちらが先でも良かったんですけど(^_^;) 
IMG_6488  
列び方が変わっていて、店舗に向かって右端ベンチから3名、入口を開けて列を続けて、店舗に沿って側道に折れる形に。入口に一番近くが先頭っていうのが自然なので、入口左は落ち着きません^^; 
IMG_6495  
順番になり店内へ。入店するとまず券売機で食券購入です。 
IMG_6449  
主なメニューは、新潟ラーメン背脂中華そば800円、台湾まぜそば(追い飯付)800円、(足立店限定)キムチ納豆ラーメン ピリ辛900円 旨辛950円 激辛1180円、他。 
IMG_6445 
お茶の水店で背脂中華そばをいただいたので、足立店限定の「キムチ納豆ラーメン」を旨辛で。 
IMG_6443 
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、6人卓x1、小上がりに6人卓x1、壁に向かった3人卓x1。後客いっぱい途切れない行列。 
IMG_6454 
スタッフは厨房に男性2女性1、ホールに女性1、外にスーツ姿で行列対応の男性1。外の方に話を聞いたのですが、お茶の水と同系列。ですが、足立店では内容を変えてを変えてボリュームたっぷりにしているそうです。 
IMG_6456  
BGMはオリンピック中継のテレビ放送。箸は割り箸。卓上調味料・薬味は辛子高菜、GSラーメンコショー、醤油、酢、ラー油。 
IMG_6451 
そして待つことしばし、「キムチ納豆ラーメン 旨辛」完成で~す♪ 
IMG_6462
受皿付きの古典的ラーメン丼で着丼。 
IMG_6472  
具は、もやし、キャベツ、挽肉と納豆の肉味噌、卵黄、きざみねぎ。 
IMG_6464
スープは清湯で煮干ラーメンと同じ寸胴から摂っていた様ですが、背脂たっぷりで辛味がしっかりと効いています。ポスターによると、「11種もの調味料を使った旨みたっぷりのキムチとハサップ認定の工場で作られた国産有機栽培の納豆」とあります。

が、白菜?キムチの存在は感じられず。納豆は肉そぼろと一体化していて風味が香る程度。糸も引きません。キムチが見つからず納豆も控えめですが、まさに旨辛な味わいで、実際美味しい! 
IMG_6484 
自家(自社)製麺の麺はストレートの太麺。国産小麦5種類のブレンドで包丁切りの麺とか。確かにモッチモチのコシがあって、啜りごたえ食べ応えがあります。 
IMG_6486  
おいしく完食!「隣で注文してた「台湾まぜそば」も実に旨そうでした。ごちそうさま! 

新潟発祥 なおじ 足立六町店 (49/’18)