2018年2月3日、亀戸の新店「亀戸煮干中華蕎麦 つきひ」へ。
IMG_5631
2018年1月28日オープン。店主さんはたくさんの優良店を輩出した煮干狂會所属@入谷出身。 昼のみの営業&大行列が予想されるっってことで、敢えて時間をずらす作戦に。笑歩@綱島→飛粋@蒲田の後こちらへw

IMG_5628 
店の場所は、亀戸駅北口徒歩約3分。亀戸餃子とホルモン青木の大行列を抜けた先。 
IMG_5633  
亀戸横丁内で、ラーメン 忠→実写版「小泉さん」にも登場した薬膳ラーメンドラゴンと入れ替わった跡地。 
IMG_5635  
13:30頃到着で、店内満席待ち7の行列に接続。 
IMG_5650 
公式ツイによると屋号の意味は、『「つきひ」は漢字では月火と書きます。月日が経っても心の火が灯っているように!と、月日が経つ中でより良くなって行こう!という意味』とか。もう一つの意味は恥ずかしいらしいですw 
IMG_5640  
亀戸横丁内の各店は席を移動しなくても各店のメニューを出前可能(お酒を除く)というルールがありますが、つきひ以外の全店は昼お休み。他店と昼夜逆転しているので、この場所で長蛇の行列店が問題なくやってけるんですね! 
IMG_5645 
券売機前まで列が進んだところで、食券購入です。 
IMG_5654  
主なメニューは、中華蕎麦750円、濃厚蕎麦800円、つけ麺800円、つきひフェニックス950円、プラチナむかつく限定1000円、他。

IMG_5665 
訪問時つけ麺以降はX表示。この日の用意は濃厚40中華蕎麦30でしたが、私の後濃厚4食で売切。和え玉は現金で200円。 
IMG_5673 
席は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席。後客6。厨房には店主さんと、サポートの男性の2名体制。 
IMG_5693 
準備が整うと店主さんから、「コップを一つ取ってお冷を汲んでお持ちになってこちらの席へどうぞ」と案内があります。カウンター端には八咫烏からの開店祝花。 
IMG_5655 
BGMはJ-Pop。箸は割り箸。卓上調味料は、House一味唐辛子、昆布酢。 
IMG_5660  
そして待つことしばし、「濃厚蕎麦」完成で~す♪ 
IMG_5670  
最初中華蕎麦を購入しましたが、周りの濃厚蕎麦がすごく旨そうで、まだ調理前とのことで差額を支払って変更して貰いましたm(__)m 
IMG_5680 
具は低温調理の豚・鶏チャーシュー、海苔、きざみ玉ねぎ・青ねぎ。 
IMG_5677  
スープはセメントとチョコレートを混ぜたような色味で、ドロドロのまるで煮干ソース。それか汁多めの和え玉。酸味・エグミはギリギリ押さえられていて、どうにか食べ易い方向にチューニングされています。にしても飲む煮干し的な猛烈なインパクトのあるドロ煮干しスープで、ニボラーにはたまりません!最高に美味しい! 
IMG_5689  
麺は村上朝日製麺製のストレート中細タイプ。パツパツを通り越してポキポキな硬質というか剛質な食感。これくらいの剛性のある麺じゃないと、麺がド濃厚スープに負けちゃうんでしょうね。最初は鋼のような麺に驚きますが、すぐに慣れてやっぱこうじゃなくちゃってなりますw 
IMG_5686 
おいしく完食。やはり「中華蕎麦」も気になります。ごちそうさま! 

亀戸煮干中華蕎麦 つきひ (39/’18)