2018年1月13日、新越谷の新店「麺処 景虎」へ。
IMG_4302
2017年12月13日オープン。ときすけ@新田の後、営業データ不明ですがお目当ての蒲生の新店に向かうも、土日祝は夜のみ営業でフラれて、しらけんさんと分かれてこちらへ。

 IMG_4242 
麺処景虎は、ほん田@東十条によるプロデュース店。新越谷店は、戸塚安行・新三郷に続く3店目。 
IMG_4310 
新越谷の駅ビルVARIEは、4F・5Fのレストランフロアをフルリニューアル中。 
 IMG_4232 
まず4Fが2017年12月13日に5軒先行オープン(内4軒新越VARIE初出店)。2018年1月30日、5Fに4軒オープン(全店初出店)。 
IMG_4292 
先行オープンのうちの1軒が麺処景虎。店の場所は4F-3。 
IMG_4237 
13:30頃到着で、待ち1組3名に接続。 
IMG_4297 
カウンターならすぐご案内出来ますと言われて案内されたのが、6人がけテーブルの相席。 一応中央に調味料を置いて間仕切り代わりの棒を設置してますが、まったく目隠しになってません。 
IMG_4290 
別途壁カウンターもあるので紛らわしいのと、女性客が多く不快に思う人も居そう。私は相席上等で素直に着席。 
IMG_4254 
券売機は無く後会計制。 
IMG_4246
主なメニューは、鶏だし塩らーめん780円、鶏だし醤油らーめん780円、濃厚豚骨魚介らーめん800円、濃厚豚骨魚介つけ麺800円、他。表示価格は税別。 
IMG_4249 
鶏だし塩・醤油、濃厚らーめん・つけ麺のクワトロラインナップ。戸塚安行では醤油だったのと、先頭が塩なので迷わず塩で。 
IMG_4313 
レジにあるリニューアルオープン記念レストランパスを事前に提示すると、全店で特典があります。景虎では味玉or麺大盛りサービス。入店前に1枚貰って店に入ればOK。 
IMG_4260 
店内は、相席カウンター6席、壁に向かったL字型カウンター短辺2席・長辺5席(2席・柱・3席)、2人卓x5、4人卓x3。後客6位。 
IMG_4257  
厨房はまったく見えません。ホール担当女子3名。注文受付のPOS端末はここもスマホ。BGMはJ-Pop、ポルノグラフィティとか。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は醤油、ラー油、酢、胡椒。 
IMG_4263 
そして待つことしばし、「鶏だし塩らーめん」完成で~す♪ 
IMG_4265
白いスクエアなサイドの八角丼で着丼。 
IMG_4276 
麺は低温調理のチャーシュー、メンマ、青菜、きざみねぎ。 
IMG_4269
スープはさらさらの清湯塩味。あっさりとした中にもコクのある鶏・魚介のはずですが、風味が弱くどこかに飛んだ様な鶏出汁で、えっ?って感じ。produced byほん田から期待する味には遠く、ちょっと残念。 
IMG_4284 
麺はストレート中細タイプ。並盛150g。麺はしなやかで適度なコシがあり、食感いいですね。 
IMG_4280  
おいしく完食。セントラルキッチンでは繊細でデリケートな清湯系よりも、骨太な濃厚系の方がブレは出にくいかも。ごちそうさま! 

麺処 景虎 (17/’18)