2017年12月11日、本日オープンの新店「麺屋とりくらぶ」へ。
IMG_1292
匠の麺処 逢縁喜縁がリニューアル。前店が良かったので今回も期待w

IMG_1228 
こちらの経営母体は、ラーメン店をはじめとして飲食店を複数手がける会社。 
IMG_1280 
ラーメンの姉妹店としては、俺の創作らぁめん 極や@神保町麹町・上野、いし川@人形町、RAMEN TOMIRAI@上野・代々木・伊勢佐木町など。 
IMG_1288 
リニューアルの理由は、替玉無制限を辞めて納得のいく麺を使いたかったのと、ずっと改良を続けて来た味が本当に納得出来る味になったため。 
IMG_1274 
社長さんのFBに上記内容が綴られています。個人のページのなのでリンクは自粛。 
IMG_1285 
店の場所は、神保町A4出口徒歩約30秒。 
IMG_1277 
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_1233
主なメニューは、鷄とんこつらぁめん 白醤油・黒醤油730円、渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん850円、魚介鷄とんこつつけ麺880円、他。 
IMG_1245 
逢縁喜縁オープン時、「蟹みそらぁめん」は限定でしたが、定番に昇格ですね。オーダー前回売切れで食べ損ねた「蟹みそ」で。 
IMG_1246 
店内は、長テーブルの中央を仕切ってカウンターたに見立てた5席x2、4人卓x5、2人卓x1。 
IMG_1231 
インテリアは前店から変わってません。19:20頃到着で、先客10、後客4。スタッフは厨房に4、ホール担当のおばちゃん1。 
IMG_1271 
BGMはジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は胡椒、自家製的な辛味。 
IMG_1238 
そして待つことしばし「渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん」完成で〜す♪ 
IMG_1248
和食器の装いをまとった和モダンな器で着丼。 
IMG_1258 
具は、渡り蟹の内子、チャーシュー、メンマ、ちんげん菜、小口切りねぎ。 
IMG_1256
スープはとろみのある白湯味噌味。ベースは鶏白湯かと。そこに上海蟹の出汁をアドオン。最初に蟹がふわっと香って、蟹味噌らしい個性的な旨味が広がります。結構甘めのスープですが、自然な甘さと後引く旨味があって食べ飽きません。美味しい! 
IMG_1269 
具で目を惹く渡り蟹の内子はあまり味はなく、蟹らしい風味に貢献。いつの間にかスープに溶けてカニ感Up! 
IMG_1261 
麺は中太で軽く縮れの付いたタイプ。スープとの一体感があって、するする食べま進められます。おいしく完食。5年前よりずっと進化したというデフォも食べてみなくちゃ。ごちそうさま! 

麺屋 とりくらぶ (424/’17)