2017年12月1日、本日オープンの新店「石焼濃厚つけ麺 風雲丸 菊川駅前店」へ。
IMG_0277
この日は富士見台に行きたかったですが、仕事が押して間に合いそうもなく、フラれの無さそうな資本系&グツグツ系大好きなので、こちらへw

石焼濃厚つけ麺 風雲丸」は広島発中国地方以西に5店舗、香港に1店支店展開するつけ麺専門店。東京では大塚・帝京大学に支店がありましたが、今年8/31で閉店。からの都内再上陸。 
IMG_0200  
300℃に熱した石鍋がつけ汁の器で、最後まで熱々のつけ麺が楽しめるのが特徴。石焼ラーメン 火山のつけ麺バージョンw 運営母体は㈱with link。 
IMG_0202  
店の場所は、菊川駅A4出口徒歩約1分。新大橋通りと三ツ目通りが交差する菊川駅前交差点そばの三ツ目通り沿い。墨田家の並び。「ビストロ ア ヴァン ル プチ コション(BISTRO A VIN LE PETIT COCHON)」の跡地。 
IMG_0280  
入店すると、タッチパネル式券売機で食券購入です。 
IMG_0205  
主なメニューは、石焼濃厚つけ麺850円、石焼辛つけ麺950円、濃厚つけ麺800円、濃厚煮干ラーメン750円、他。 
IMG_0210  
タブがおすすめ、その他、セット・サイドメニュー・ドリンクの3つに切られていて、一覧性に乏しく正直使いづらいです。 
IMG_0212  
麺量は並盛250g、大盛350g、特盛600g(100円増し)。並盛・大盛同料金。 
IMG_0217
ランチタイム割り飯1杯サービス。 
IMG_0221  
オーダーは、基本の「石焼濃厚つけ」で。 
IMG_0218  
店内は、厨房前にカウンター4席、4人卓x4。 
IMG_0235  
奥の4人卓x3は什器置き場になっていて本日は未開放。 
IMG_0222  
20:40頃到着で、先客4、後客3。 
IMG_0223  
初日だからか、スタッフは厨房・ホールに男女合わせて総勢7名。 
IMG_0233  
卓上の「おススメの食し方」。 
IMG_0232  
BGMはつじ田で聞いたことがある三味線の調べ。 
IMG_0238  
箸は洗い箸でエコ仕様、さんせ〜! 
IMG_0270  
卓上調味料は、一味唐辛子、胡椒、醤油、ラー油、酢。 
IMG_0227  
そして待つことしばし、「石焼濃厚つけ麺(並)」完成で〜す♪ 
IMG_0241
猛烈に沸騰するつけ汁で着丼。ポスターによると激熱300℃とのことですが、火山の爆発的な沸騰と比べるとおとなし目で、温度もう少し低めな感覚。 
IMG_0253  
具は麺皿に、炙りチャーシュー、メンマ、海苔、きざみねぎ。つけ汁には具が入ってません。 
IMG_0252  
スープは粘度の高い濃厚な豚骨魚介醤油味。典型的なまたおま系。通常は高粘度ゆえ沸点が低く、提供時からちょい低めの温度で、あっという間に冷めてクドくてしつこさを感じるパターン。ですが、超高温の石鍋で最後まで熱々が持続するつけ汁は、まるで別物の様に生き生きとした表情を見せてくれます! 

濃厚つけ麺はすべからくこうあって欲しいというビジョンを具現化した、理想のつけ麺の一形態。いいですね!美味しい! 
IMG_0248  
麺はストレート太麺。ゴワゴワではない適度なコシのある麺で、沸騰スープに負けない力があります。 
IMG_0263  
スープ割りは卓上のポットからセルフで。あっさり淡麗魚介出汁で、さっぱりとしたクロージングで〆られます。 
IMG_0269  
おいしく完食!冷めないつけ麺がもっと増えると嬉しいです!ごちそうさま! 

石焼濃厚つけ麺 風雲丸 菊川駅前店 (410/’17)