2017年11月2日、青砥の新店「煌 ~kira~」へ。
IMG_6570
2017年11月1日オープンの鶏白湯専門店。初日は吉岡と迷って結局田端へ。というわけで本日は青砥へw

 
IMG_6578 
店の場所は、青砥駅徒歩約2分。青砥駅前通り商店街内。ユアエルム6番街と7番街のエントランスの目の前。「中華料理 成華」の跡地 
IMG_6529 
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_6528 
主なメニューは、純鶏Soba800円、純鶏つけSoba850円、他。大盛(+100グラム)100円、特盛(+200グラム)200円(つけのみ)で、少食漢にも優しいプライシング。 
IMG_6531 
オーダーはベーシックな「純鶏Soba」で。大喜のフラッグシップみたいなネーミングですが、混じりっ気なしの鶏スープという意かな!? 
IMG_6563 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席(5席・2席)。19:30頃到着で、先客6の空席1というプチラッキーw 後客2。厨房には店主さん、ワンオペレーション。 
IMG_6537 
BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。カウンター上のボットは、つけsoba用割りスープ。 
IMG_6536 
そして待つことしばし、「純鶏Soba」完成で〜す♪ 
IMG_6538
汎用的な多用丼で着丼。 
IMG_6549 
具は、低温調理のピンクチャーシュー、メンマ、海苔、きざみ青ねぎ。 
IMG_6552
スープは、粘度の低いさらさらの鶏白湯塩味。癖の無いマイルドライトで調和のとれた味わい。インパクトはありませんが、鶏の旨味が詰まった感じで美味しい! 
IMG_6560 
麺はカネジン食品のストレート中太タイプ。ゆで時間は2分30秒。ちなみにつけsobaは4分。コシ強目のはっきりとした食感麺で、優しいスープにしっかりとした麺は、案外いいコンビネーションを発揮してます。 
IMG_6556 
とても旨いですが味がやや単調で、後半少し飽きが来ます。黒胡椒とか一味があるとだいぶ効果的かも。 

なので、割りスープで味変をお試しw 割りスープは透明な清湯の鰹出汁で、割ると鶏魚介に変身。ただ、ポットに入れてそれなりに時間が経過しているのか、少々冷めちゃってるのが残念。 
IMG_6567 
おいしく完食!「純鶏つけSoba」も気になります。ごちそうさま! 

煌 ~kira~ (421/’17)