2017年10月27日、池袋の「蘭州拉麺店 火焔山」へ。
IMG_6040
2017年8月10日オープン。馬子禄 牛肉面の日本初出店(8月22日)で一躍脚光を浴びた蘭州拉麺ですが、オープンはこちらが一足先。なんとなく未訪でしたが、近くで20時過ぎまで仕事があって、ようやく訪店w

IMG_6116  
こちらは、西川口にある「新疆料理店 火焔山」の支店。本店は、新疆ウイグル自治区の伝統料理専門店。 
IMG_6046  
店の場所は、池袋駅西口徒歩約5分。「福しん」の跡地。 
IMG_6067  
券売機はなく後会計制。 
IMG_6049  
主なメニューは、漢方入り蘭州ラーメン980円、醤油ラーメン960円、味噌ラーメン960円、牛肉入りつけ麺980円、 
IMG_6052  
塩ラーメン960円、担々麺880円、蒸し煮牛肉麺980円、トマトと玉子ラーメン680円、ラム肉ラーメン880円、他。 
IMG_6058  
一番人気は「漢方入り蘭州ラーメン」、 
IMG_6061  
2番人気は新疆風ラム肉の串焼きだそうです。オーダーは、メニューブック先頭でお目当ての「漢方入り蘭州ラーメン」で。 
IMG_6062  
後で知ったのですが、注文時麺の太さをリクエスト可能。何も言わないと「並」になるとか。 
IMG_6081  
店内は厨房前にカウンター8席、奥に壁に向かったカウンター席、そしてテーブル席多数。 
IMG_6071  
20:30頃到着で、先客19名と活気溢れるとても賑やかな店内。一瞬まさかの満席かと思いましたが、カウンターの空席に案内されて無事着地。 
IMG_6113  
後客4。スタッフは厨房・ホールに男女合わせて7名。大半が本場の方の様です。 
IMG_6109  
厨房の窓に面したスペースに麺打ち台が設置されていて、注文毎に行われる麺打ちの様子が店舗内外から鑑賞可能。 
IMG_6074  
写真撮影の許可をお願いしたら、にっこり笑顔でポーズを取っていただきました。 
IMG_6080  
BGMはテレビ放送。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、ラー油。醤油。黒酢、S&Bブラックペッパー。 
IMG_6070  
そして待つことしばし、「漢方入り蘭州ラーメン」完成で~す♪ 
IMG_6087
口径大きめの玉淵丼で着丼。 
IMG_6095  
具は、牛肉チャーシュー、スライス大根、パクチー、葉にんにく。 
IMG_6090
スープはさらさらの清湯塩味。牛ベースとはっきり分かる出汁は、牛骨と牛肉の煮込スープ。漢方入りとありますが、薬膳的な風味は感じられません。シンプル&素朴な味わいで、ずっと身体に入って来る感じ。あっさりしていてごくごく飲める感じがいいです。とても美味しい! 
IMG_6101  
打ち立ての麺はストレート細麺。つるっとした麵肌でどこまでもしなやか。最初は多すぎに感じたパクチーも、ラー油や葉にんにくと合わせて麺と一緒に啜ると、独特刺激が癖になる味わいに。 
IMG_6100  
おいしく完食!中央アジア感満載で異国情緒溢れる本店も行ってみたくなりました。ごちそうさま! 

蘭州拉麺店 火焔山 (359/’17)