2017年10月25日、市川真間の新店「蔵元 市川真間店」へ。
IMG_5968
2017年10月15日オープン。本八幡の担々麺専門店蔵元の2号店。ここんとこ担々麺の記事が続きますが、担々麺専門ブログに転換したわけではありません(^_^;)

店の場所は、市川真間駅徒歩約1分。駅前の踏切のそば。焼鳥 とり花→自家製麺 登竜門と入れ替わった跡地。 
IMG_5932  
券売機はなく後会計制。主なメニューは、濃厚しびれ担々麺850円、味噌担々麺900円、カレー担々麺900円、汁なし担々麺800円、坦々つけ麺900円、他。 
IMG_5927  
本店訪問時には無かった、味噌・カレー・つけがこちらではオンストア。来月から醤油ラーメンも始める予定とのこと。本店でセルフながら無料の「鶏しょうがご飯」、こちらでは「鶏ご飯」として150円で提供。 

本八幡では「濃厚しびれ担々麺」をいただいたので、今回はカレーで。ニュータンタンベースのカレーアレンジはカレタン!!とその系列店でありますが、真性?担々麺のカレー味はありそうであまり無いかも。 
IMG_5934  
注文すると、辛さ(0~3)と痺れ(0~3)を聞かれます。本店で辛さ・痺れを3にしたら、ジョロキアか強烈に効いてかなり痛辛かったので、今回は控えめに2で^^; なお、辛さ・痺れは後から足すことが可能。 
IMG_5939  
店内は厨房を遠巻きに囲む角の取れたL字型カウンター6席。19:40頃到着で、先客3、後客2。 

厨房には本店にいらした2名のうちのお一方と、調理担当の女性の2名体制。BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料は無し。 
IMG_5936  
そして待つことしばし、「カレー担々麺(辛さ2・痺れ2)、完成で〜す♪ 
IMG_5942
本店と同じ黒い丼で着丼。提供時、良くかき混ぜてお召し上がり下さいとアナウンスがあります。 
IMG_5951  
具・調味料はポスターよると、鶏そぼろ、ニラ、カシューナッツ、厳選赤山椒、五香粉、自家製ラー油、数種類の胡麻、自家製芝麻醤、まごころとかw 
IMG_5947
スープはとろみのある濃厚な胡麻味。最初にカレーが来て後から担々麺が追いかける構図。まさにカレーの風味と担々麺の味わいが見事に一つに融合していて、違和感はありません。 

香辛料のすべてがメリハリのある効かせかたで、目の覚めるようなスパイシーさが味わえます。また、カレー担々麺の場合、カレー粉の辛さも加わるので、同レベルの他より更に辛めだそうです。 

ラーメン店がかなり作るハイレベルな担々麺で、四川料理店の担々麺とはだいぶ趣きが違いますが、複雑な風味と旨味が層を成す奥行きのある味わい、これは美味しい! 
IMG_5963  
麺は中細縮れタイプ。つるっとシコシコ、麺も旨い! 
IMG_5959  
おいしく完食!こちらも珍しい味噌担々麺も気になります。ごちそうさま! 

蔵元 市川真間店 (357/’17)