2017年10月23日、水天宮前の新店「寿限無 担々麺」へ。
IMG_5861
2017年10月3日オープン。中国出身?の店主さんは、「はしご」で修行後独立。なので、屋号に「担々麺」と付きますが、はしごの「だんだんめん」インスパイアなお店。

ちなみに「寿限無」」ってこれw→『寿限無 寿限無 五劫のすりきれ 海砂利水魚の水行末 雲来末 風来末 食う寝るところに住むところ やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助』 
IMG_5802  
店の場所は、人形町駅A5出口徒歩約2分。拉麺・餃子の「味の店 錦」跡地。店頭で撮影してると、2人に抜かされる良くあるプロローグw 
IMG_5859  
券売機はなくメニューを見て注文、伝票方式、食後店内中央のレジにて会計制。 
IMG_5812
主なメニューは、担々麺880円、パイコー担々麺1080円、酸辛麺880円、寿限無涼麺980円、醤油ラーメン880円、他。 
IMG_5816  
オーダーはメニュー先頭の「担々麺」で。注文すると、辛さをマイルド・普通・中辛・大からから聞かれます。もちろん「大辛」でw 
IMG_5856  
また、終日ライスサービスだそうで、思わず発注しちゃいました。そして、紙エプロンを勧めてくれる嬉しい配慮も。 
IMG_5852  
店内は、厨房前の仕切りに向かったカウンター2席、壁に向かったカウンター4席、2人卓x5位。19:30時頃到着で先客4、後客3。 
IMG_5855  
厨房には店長と呼ばれていたコックコート姿の店主さん?、ホール担当の男性、お二方ともカタコトの2名体制。食後店主さんに出身を尋ねたら、ニコニコしながら「はしご」と答えてくれました。また、厨房前のカウンターにあった寿限無餃子工房@宇都宮のパンフを指して、弟さんのお店だそうです。 
IMG_5865  
BGMはテレビ放送。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、GABANブラックペッパー、醤油、酢、ラー油。 
IMG_5819  
そして待つことしばし、「担々麺(大辛)」完成で〜す♪ 
IMG_5829
「はしご」そっくりのカラフルな玉淵丼で着丼。 
IMG_5835  
サービスライスは茶碗にたっぷり。イメージの1.5倍でちょっとビビる(^_^;) 
IMG_5839  
具はチャーシュー、青菜、きざみねぎ。 
IMG_5830
スープはさらさらの胡麻醤油味。はしごよかろうを食べたのはだいぶ前ですが、おぼろげな記憶にそっくりな味わい。大辛の辛味は香ばしさが増す方向に作用して大正解。これでサービスライスに龍馬たくあんが付いて来ればほんとパーフェクト!たんや@門仲のはビジュアルは似てましたが味は幾分違ってました。こちらは味まで再現性高し!ほんと美味しい! 
IMG_5846  
麺はストレート細麺。ツルシコで喉越し良好です。 
IMG_5842  
余ったスープにライスを投入の飯割で、スープを最後まで堪能! 
IMG_5850  
おいしく完食!パーコートッピングタイプも気になります。ごちそうさま! 

寿限無 担々麺 (355/’17)