2017年10月10月日大安、本日オープンの新店「中華そば 依々恋々(いいれんれん)」へ。先日港軒@関内をオープンさせたばかりのボンドオブハーツ塚田さんが手がける新店。今日はこちらと決めてましたwIMG_4891
こちらは、今年2月13日に長野市にオープンしたばかりの「中華そばに恋焦がれて 依々恋々」の2号店。

IMG_4805 
御大によると、店名の由来は、女性スタッフが中華そばが好き過ぎて恋い焦がれて、結婚・出産を経てお店に復帰したという逸話から。 
IMG_4840 
店の場所は、池袋東武レストラン街スパイス13F。龍の家の跡地。 
IMG_4895 
20時頃到着で店内満席外待ち6位。先の方にはシゲッチさん、ど〜もw 
IMG_4896 
店頭には開店祝花。ソライノイロ宮崎さんからの花がありました。 
IMG_4831 
行列の場合は先に、食券を買ってから列ぶ方式。というわけで、池袋東武13Fのラーメン専門店初の券売機導入。 
IMG_4810 
タッチパネル式券売機ですが^_^、一覧性に優れていてこれならストレスフリーです。 
IMG_4817 
主なメニューは、中華そば780円、鶏としそつけ麺950円、鶏肉飯300円、肉玉ご飯350円、サキベジサラダ100円、他。 
IMG_4822 
メニュー先頭の味玉付きは、「恋玉そば」という詩的なネーミング。オーダーは、デフォの中華そばで。 
IMG_4847 
券売機と店内至る所に「サキベジ」のオススメ掲示。「サキベジ」とは、野菜を先に食べて健康増進という長野発のムーブメント。 
IMG_4826 
長野市長を名誉会長とするサキベジ推進協議会が推進団体で、協賛企業が協力する形。依々恋々も協賛企業に名を連ねていて、「サキベジサラダ」を低価格で提供。 
IMG_4825 
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター7席(3席・4席)。ですが、奥の4席のうち手前端1席はトレー置場で未開放。4人卓x2、2人卓3。後客6位。 
IMG_4872 
スタッフは男女合わせて総勢5名かな。調理をメインで担当するのは塚田さん、開店おめでとうございま〜す! 
IMG_4845 
BGMはピアノジャズ。箸は割り箸。卓上調味料はS&Bブラックペッパー。カウンター上には酢もありました。 
IMG_4854 
そして待つことしばし、「中華そば」完成で〜す♪ 
IMG_4857
半円形のトレーに載った緩やかな弧を描く白い切立丼で着丼。 
IMG_4870 
具は低温調理の鶏、豚赤身・バラのチャーシュー3種、ハンペン、三つ葉、柚子皮、きざみねぎ。 
IMG_4867
スープはさらさらの清湯醤油味。生醤油と鶏100%の無化調スープ。香味油が効果的に使われていてまさにキレッキレな印象。ですが、それだけにとどまらずに、食べてる途中から既に心地良い余韻に包まれるという新鮮な感動体験。これほどの一杯なら確かに恋い焦がれる気持ちは良く分かります。本当にすごく美味しい! 
IMG_4883 
麺はストレート中太タイプ。もっちりムッチリ食感が斬新!これまた御大お受売りですが、なんと低加水麺をじっくりゆでてモチっと仕上げてるとか。既成概念にとらわれない新発想が、新食感を生み出したメモリアルな一杯!もちろん味も最高です! 
IMG_4874 
おいしく完食!麺の良さがさらに分かりやすいつけ麺が気になります!ごちそうさま! 

中華そば 依々恋々 (396/’17)