2017年7月3日、本日移転リニューアルオープンの「松戸中華そば 富田食堂」へ。
IMG_5078
中華蕎麦とみ田の直営4号店が、駅近のより広い物件に移転。それに伴い、新メニューも登場。そりゃ行かねばと一路北へw

店の場所は、松戸駅東口徒歩約2分。駅から近いですがちょい裏通りっぽいロケーション。 
10 
ですが、NPCクイックパーキングの真ん前なので車は結構通ります。 
IMG_5086 
店頭には開店祝い花いっぱい。ラーメン店では、志那そばや、ちばから、ほん田、麺屋翔から。 
IMG_5070  
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
IMG_4998  
主なメニューは、中華そば160g醤油・塩820円、つけそば220g醤油・塩820円、煮干そば160g780円、濃厚つけ麺220g850円、心の味餃子2個240円、チャーハン小350円、ザ・チャーシューご飯250円、極み玉子かけご飯300円、地鶏の塩焼き800円、他。 
IMG_5015 
煮干そばが移転前の旧食堂の味で、中華そばが新作。オーダーは思わず魅かれた純粋金華豚ワンタン入りをこれも気になった塩で。 
IMG_5020  
店内は厨房を囲む変形L字型カウンター16席(3席・3席・10席)、奥に2人卓x6。19:50頃到着で、先客12、後客10、まで数えたところで分からなくなりました^^; 
IMG_5026  
ですが、食後私と入れ違いにシゲッチさんが入って来て、さすが抜かりなしw スタッフは厨房・ホールに男女合わせて9名。本日はとみ田本店も休業してこちらのヘルプで、富田さん自ら麺上げ。 
IMG_5030 
店内にはお祝いの胡蝶蘭。麺屋一燈からと、武州川越轟屋は鰹節屋さん。 
IMG_5068 
卓上メニュー立てにはこだわり抜いた厳選素材の説明。 
IMG_5004  
裏は続きですが、SPECIAL THANKSとして、支那そばや、飯田商店、蔦、ほん田に謝辞が述べられているのが印象的。 
IMG_5022  
BGMは無し。箸は割り箸。 
IMG_5010 
卓上調味料は、 唐辛子、中華蕎麦とみ田特製ダブルペッパー、酢、ラー油、醤油。 
IMG_5007 
そして待つことしばし、「純粋金華豚ワンタンそば 塩」完成で〜す♪ 
IMG_5032  
有田焼でしょうか?いかにも洗練された風雅な器で着丼。 
IMG_5047  
具は、チャーシュー、ワンタン、揚げネギ、メンマ、きざみ青ねぎ。 
IMG_5040
スープはさらさらの清湯塩味。一口目から鶏がスパーク!鶏のエッセンスが神々しいまでに旨みに昇華されていて、調和のとれた素晴らしい味わい。これが駅近くで気軽に食べられるとは!クオリティの高さに痺れます。ほんと美味しい! 
IMG_5058 
麺は心の味食品製ストレート細麺。中華そば・つけそばが細麺、煮干そばは小麦粉の異なる細麺、濃厚つけ麺は極太麺とメニューよって麺を使い分けるこだわりよう。たおやかでしなやかでシルクのような麺がまた絶品!旨いの一言! 
IMG_5051 
ワンタンは、山形県平田牧場産純粋金華豚のバラ挽肉使用。皮は文字通り雲を飲むようで、餡は旨味が詰まった肉団子。思った通りワンタンもまた激旨! 
IMG_5061 
おいしく完食!「醤油」も気になり過ぎます。ごちそうさま! 

松戸中華そば 富田食堂 (218/’17)