2017年6月14日、東中野の新店?「油そば 油山」へ。
IMG_2734
2017年6月13日大安に移転オープン。先日かしわぎがオープンして一躍ホットスポットになった東中野に、また注目店が誕生!一軒寄って二軒目に後こちらへw

油そば油山は、2016年9月10日牛込柳町・曙橋・市ヶ谷で創業。この5月末で営業終了しこの度東中野へ移転オープン。移転を機に新メニューやトッピングが増えて、リニューアルも敢行。
IMG_2738 
店の場所は、東中野西口徒歩約2分、大江戸線A2出口からだと約1分。東中野ギンザ通り商店街内。クリーニング屋さん→不動産屋さんと入れ替わった跡地。 
IMG_2730  
移転前はどの駅からも7〜8分で周りに店の少ないロケーションでしたが、駅からぐんと近くなりだいぶ便利になりました。 
IMG_2743  
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、油そば並盛600円、辛さヤミツキ油そば(新作) 並盛750円、柚子胡椒おろし・焼きチーズ(新トッピング)100円、他。 
IMG_2746 
麺量は並盛150g、大盛200g+50円、特盛250g+100円。麺を+50円で全粒粉麺に変更可能。 
 IMG_2749 
オーダーは、新登場の「辛さヤミツキ油そば」で。食券を渡すと「かなり辛いですよ」と警告がありますが、「辛いの大好きです」と返して注文成功w 
IMG_2766  
店内は、奥に長い真っ直ぐなカウンター11席、2人卓x3。14:10頃到着で先客2、後客3。厨房には男性スタッフ3名。 
IMG_2772 
BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。お冷のグラスは保温性に優れた保冷タンブラー。卓上調味料は、おろしニンニク、GABANブラックペッパー、酢、ラー油。移転前に大絶賛だった無料のマヨと辛味調味料は、有料化されたのですね(・ω・) 
IMG_2758  
そして待つことしばし、「辛さヤミツキ油そば」完成で~す♪ 
IMG_2775
提供時「良く混ぜてお召し上がり下さい」とのアナウンスがあります。 
IMG_2789 
具は、チャーシュー、メンマ、海苔、キャベツ、モヤシ、きざみねぎ。麺の上に大量の一味唐辛子、と見えたものは実はハバネロを混ぜ込んだ魚粉! 
IMG_2784
麺は細かいウェーブのついた太麺。全粒粉麺ではなくノーマル麺ですが、モッチモチ食感で麺自体旨く、油そばに最適化された感じ。 
IMG_2795  
丼底のタレ麺まぶしていただくと、タレの秀逸さは移転前と変わらず、油そばのテンプレートにしたいレベルでとても美味しい!ハバネロパウダーは辛さすぎず程々の刺激で、辛さを楽しめます。ただ、パウダーが多くてがジャリジャリが口中に残って食感的にはマイナスポイント。また、辛味が強く味変アイテムがあまり効果を発揮しないのも、評価の分かれそうな点。 
IMG_2803 
おいしく完食!次回はやはりプレーンな「油そば」にマヨと辛味をオンしてあの感動の味を再びw ごちそうさま! 

油そば 油山 (194/’17)