2017年5月5日、池袋の新店「麺屋 蜀伝」へ。
DSCF7095
2017年4月5日オープン。中国四川省漢源県出身の店主による、現地の最高級花椒「貢椒」を使って作る担々麺専門店。かなり気になってましたが当初昼営業のみ、夜営業開始以降も早仕舞いありと営業が不安定との情報もあって、訪問を躊躇ってました。まるえ食堂@東小金井の後、満を持して訪店w

店の場所は、要町駅5番出口徒歩約4分。池袋駅C1出口徒歩約3分。篠はらとラーメン大の間。「弁当ひまわり」の跡地。 
DSCF7082 
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF7020 
主なメニューは、蜀伝汁有担々麺850円、蜀伝特製油そば850円、蜀伝火山950円、他。 
DSCF7013
汁有りと汁無しの担々麺デュアル構成ですが、以前「汁無し担々麺」と表記していたメニューが、「蜀伝特製油そば」と改名した模様。大盛無料と一口ライス付きも変わらずでビジュアルも同じっぽいです。 
DSCF7088 
「蜀伝火山」は4/27オンストアの新作で、激辛の汁無し。平日ランチタイムは小ライス無料、ディナータイムは味玉サービス。 
DSCF7079 
オーダーは汁有りの方がメニュー上先に来てたので、「蜀伝汁有担々麺」で。ライスの有無は特に聞かれずで、祝日の平日は休日扱い^^; 
DSCF7017 
担々麺を注文すると、辛さを聞かれます。辛さは1~3が無料で、4辛~8辛が+100円。もちろん3辛でw 
DSCF7005 
店内は、壁に向かったカウンター4席、4人卓x1、2人卓x2。 
DSCF7070 
12:50頃到着で、先客6後客無し。厨房には店主さんとサーポートの男性の2名体制。 
DSCF7009 
BGMはハープシコードの調べ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、香酢、花山椒。 
DSCF7003 
そして待つことしばし、「蜀伝汁有担々麺」完成で~す♪ 
DSCF7035
シンプルなラインが美しい白い切立丼で着丼。 
DSCF7044 
具は、肉味噌、青梗菜、白髪ねぎ、糸唐辛子。 
DSCF7037
スープはとろ~りとクリーミーな麻辣担々味。店頭の薀蓄によると、鶏と豚をベースに仕上げたコラーゲンたっぷりのスープ。ラー油は20種類以上の香辛料を使用。山椒は「貢椒」を原産地から取り寄せ。

3辛ですが、痺辛共に程よい効きでマイルドな味わい。動物性のスープが重厚なのに後口が軽く素性の良さが出ています。痺れは卓上の花椒で調整。スープの良さが光る担々麺ですね、美味しい! 
DSCF7068 
麺はストレート中太タイプ。私が訪問した後本日の夜営業から麺が細麺に変更、スープの乗りが良くなったそうで、ショック(~_~;) 太麺でも味わい深くて良かったですよ~( ;∀;)シクシク 
DSCF7050 
おいしく完食!「汁なし担々麺」改め「蜀伝特製油そば」と激辛バージョンの「火山」が気になります。ごちそうさま! 

麺屋 蜀伝 (145/’17)