2017年5月25日、京成立石の新店「ラーメン 一力」へ。
IMG_0889
2017年5月24日オープン。駅から15分も離れた街道沿いながら、夜遅くに行列の出来る背脂ちゃっちゃ系の人気店「貴生 奥戸店」が閉店。ですが、店長だった方が駅近くに新店をオープン。久々に背脂を補強したくり向かいますw

店の場所は、京成立石駅出口1徒歩約3分。宮田ジムの隣で、くろもんの跡地。 
IMG_0838 
入店すると、まず券売機で食券購入です。が、この日は「券売機はまだ使えません」と声がかかって前金制。主なメニューは、ラーメン700円、ホルモンメン800円、みそラーメン80円、みそホルモンメン900円、つけ麺小800円、みそつけ麺小900円、他。オーダーは一番人気のみそホルモンメンで。 
IMG_0841
店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席(5席・3席)、窓に向かったカウンター2席は食事用としては使用せずで待ち席として利用。21時頃到着でちょうど満席。後客7で、時間が時間だけに人気の高さは健在。ってか、後のお客さん一人を除いて皆さんみそホルモンメンというw 
IMG_0850 
厨房にはスキンヘッドの店主さん、ワンオペ体制。会計・調理・配膳:片付け・洗い物までぜーんぶ一人でこなして大変そう。 
IMG_0854 
BGMはなし。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、おろしニンニク、一味唐辛子、GABANブラックペッパー、酢。 
IMG_0844 
そして待つ待つことしばし、「みそホルモンメン」完成で〜す♪ 
IMG_0857
内側にすり鉢のようなスリットの入った、背脂の白が映える漆黒の丼で着丼。 
IMG_0866 
具は、ホルモン、味玉、メンマ、ゆでモヤシ、海苔、きざみネギ。 
IMG_0868
ベースのスープは、あっさりとした半透明の清湯、多分鶏がらですが、仕上げに上からザバザバと背脂のスコールがw 他店の鬼脂相当かと。丼の縁は当たり前として、逆向きの丼外側サイドまでベタベタというw 
IMG_0884 
ですが、まったくくどくなく背脂に自然でほのかな甘みとコクがあってウマイ!ホルモンからピリ辛のタレがスープに溶け出して、背脂みそスープとえもいわれぬハーモニーを生み出します。 
たっぷりの背脂を夜遅い時間に摂取する背徳感も小気味良いスパイスw いやぁほんと美味しい! 

麺は厨房のケースから三河屋製麺製と推定。平打ちの中細縮れタイプ。タイマーを使わず、ゆで頃を少量食べてみて判断。湯切りはかなり甘く、ゆで湯ごと丼へin。ですが、コミコミでスープのバランスが取れてそう^^; やや柔らかめのゆで加減が、背脂まみれのスープにジャストフィット。ちなみに固め注文も可能。癖になるジャンクさがあって旨し! 
IMG_0878 
ホルモンは柔らかくて、プリン体なんか関係ないってくらいやばウマ!w 味玉は固ゆでに近い半熟。 
IMG_0877 
おいしく完食!次回は醤油味の「ラーメン」で。ごちそうさま! 

ラーメン 一力 (169/’17)