2017年5月4日、大口の新店「らーめん 紬麦(つむぎ)」へ。
DSCF6812
2017年5月3日オープン。野毛八さんのツイートによると、「野毛八ラーメンで修行した深谷君と本格中華を修行した桑田君のタッグで大口にオープン」とか。アキバの紬麦とは関係なさそうです^^; 502@大船の後こちらへw

店の場所は、大口駅西口徒歩約3分。不動産屋さんの跡地でしょうか? 
DSCF6903  
店頭開店祝花は、きさいち食品から。横浜の製麺会社ですね。 
DSCF6902  
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF6820
主なメニューは、汐らーめん730円、醤油らーめん730円、柚子汐らーめん830円、麻婆麺880円、つけめん900円、炒飯730円、小炒飯300円、葱ちゃ丼300円、餃子3ケ230円、他。5/9よりランチサラダ(食べ放題)、らーめんセット(小炒飯付)、炒飯セット(小らーめん付)スタート。麻婆麺や炒飯あたりに本格中華の技ありでしょか!? 
DSCF6834
3日~5日は50食限定で「らーめん」のみの提供。オススメは「柚子汐らーめん」の様ですが、オーダーは基本の「汐らーめん」で。注文すると「背脂入れますか」のクエスチョン。先達(後述)のアドバイスにより背脂なしで。。 
DSCF6819 
店内は厨房を囲むL字型カウンター8席位(2席・6席?)、4人卓x1。 
DSCF6843  
14:10頃到着で、先客5程、後客1。 
DSCF6900 
カウンター奥にはryuちゃんど~もお久しぶりw 手前にいらしたのはマーコさん!はじめまして!お会い出来て感激ヽ(^o^)丿 
DSCF6840  
カウンター角にはお師匠さんの野毛八からの胡蝶蘭。 
DSCF6825 
厨房には店主さんお二方。 
DSCF6835 
BGMは何だっけ^^; 箸は洗い箸でエコ仕様。 
DSCF6827 
卓上調味料は、自家製青唐辛子の酢漬け、胡椒、醤油、酢、ラー油。 
DSCF6899 
そして待つことしばし、「汐らーめん」完成で~す♪ 
DSCF6849
白い美麗なフォルムの鳴門丼で着丼。 
DSCF6868 
具は、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、ちくわx2ケ、水菜、揚げネギ、きざみねぎ。ちくわが入ってるところに野毛八イズムを感じます。 
DSCF6872  
スープはさらさらの清湯醤油味。「汐味」注文ですが味的には醤油味。券売機画像を見ると。「醤油」は白湯の様にも見えます。公式ツイ垢のプロフィールによると、「アゴとカツヲから出汁とった魚介ラーメン!あっさりしていて魚介の旨味もたっぷり!」とのこと。

確かに和風であっさりとした優しい味わい。一口目から素直に旨いと声が出るそんなおだし感。誰もが好きな分かり易いネオクラシカルなテイストで、すごく美味しい! 
DSCF6890  
麺は軽いウェーブも見られますが、ほぼストレートの中細タイプ。ちょいうどんぽさもある表面なめらかなコシしっかりの麺で、啜りやすく食べ易さ抜群。魚介のおつゆたっぷりなスープとも相性良くウマウマです! 
DSCF6884 
後半卓上の自家製青唐辛子の酢漬けを入れるとピリッと小気味よい辛さに味変出来ます。 

おいしく完食!次回機会があれば、辛さが選べる麻婆麺を大辛で!ごちそうさま! 

らーめん 紬麦 (143/’17)