2017年4月24日、船橋の新店「牛そば まるは」へ。
DSCF5053
2017年4月21日オープン。船橋を牙城に展開する「まるは」の新店。牛清湯はたまに見かけますが、牛白湯というのが気になってこちらへw

同店は、京成大久保に本店のある「まるは」の二代目ラーメン処 まるは旬@五井、三代目らーめん処 まるは極@京成船橋、五代目らーめん処 まるは商店@高根木戸、海老そばまるは@京成船橋に次ぐ支店。 
DSCF5058 
店の場所は、船橋駅から徒歩約5分。船橋中央図書館そばの山口横丁内。「海老そばまるは」から徒歩2〜3分、「三代目まるは」からは船橋駅越えてすぐ、徒歩5〜6分というロケーション。 
DSCF5152  
店頭には開店祝花いっぱい。飲み屋さんからの花が多いような^^; 
DSCF5067 
入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF5071  
主なメニューは、牛そば900円、牛つけ麺900円、牛まぜ麺900円、国産春雨牛そば900円、他。 
DSCF5059 
ラーメンの麺は中華麺から春雨に変更可能。人気のパクチートッピングもラインナップ。 
DSCF5063  
オーダーは、券売機先頭の左端の牛そばで。 
DSCF5148  
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター9席、出入口近く8席の長テーブル中央に仕切りを立てた対面カウンター4席x2。 
DSCF5092 
20時頃到着で、先客4、後味1。スタッフは男女合わせて4名。 
DSCF5096 
カウンターには厳選素材の紹介。 
DSCF5083  
BGMはモダンジャズ。箸は割り箸。 
DSCF5087  
卓上調味料は、おろしニンニク、辛味(一味唐辛子)、フライドガーリック、GABANブラックペッパー。 
DSCF5101  
そして待つことしばし、「牛そば」完成で〜す♪ 
DSCF5102  
白湯スープのホワイトが映えるブラックボウルで着丼。提供時、「レモンは皮ごと食べられます」というアナウンスがあります。 
DSCF5122  
具は、和牛ローストビーフ、平松農園(西船橋)直送の小松菜、淡路島産皮まで食べられるレモン、白髪ネギ、糸唐辛子、船橋産石焼き三番瀬海苔。 
DSCF5114  
韓国料理のソルランタンにより着想を得たというスープは、少し泡立ったとろみのある牛白湯塩味。スープを寸胴から丼に投入後、ハンドミキサーで撹拌。そこまで泡立ってませんが、関西で流行りの泡系っぽいクリーミーなスープに仕上がってます。乳化が進んだゆえか、牛脂の特徴的な風味や甘味は控えめ。牛の旨味が溶け出した口当たりの良いまろやかなスープで、美味しい! 
DSCF5136  
麺はストレート中細タイプ。シャキッとした歯触りの硬質な質感の麺で、コシがあってウマいです。 
DSCF5128 
おいしく完食。矢守さんが紹介してたローストビーフのまぜそばが気になります。ごちそうさま! 

牛そば まるは (126/’17)