2017年3月20日、永福町の新店?「貝節麺raik」へ。
DSCF0907

2017年3月13日オープン。Bonito Soup Noodle RAIKが、定休日の月曜日に貝出汁のラーメンを提供する二毛作営業をスタート。初日は気になりつつも売切れ終了を警戒して行けずでした。2回目が月曜休みの日でやっと来れましたw

「Bonito Soup Noodle RAIK」は、2015年6月28日オープン。店主さんは、「京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO」出身。 TRYラーメン大賞2015-2016のTRY新人賞MIX部門で5位入賞。 
貝節麺raik

開店15分前に到着、先客9とやはりの人気。 
DSCF0916 

公式ツイートによると、『3月13日から毎週月曜日は「貝節麺raik」として二毛作営業を始めます。蛤、アサリ、ホンビノス貝と鰹節を使い、まずは潮そばのみでの営業となります。スープに動物系食材は使わない予定です。月曜日はレギュラーメニューの販売はございません。』のこと。 
DSCF0810 

主なメニューは、特製貝節潮そば950円、貝節潮そば760円、〆の貝節ごはん110円、他。券売機は、いつものメニュー表記で読み替えが必要な箇所とそのままのボタンがあって、ちょっと注意が必要。 
DSCF0803 

オーダーはディフォの「貝節潮そば」で。次の予定もあってちょっと迷いましたが、お腹空き過ぎなので「〆の貝節ごはん」もポチリ。 
DSCF0821 

店内はカウンター真っ直ぐな6席。肩寄せ合う系の狭小空間。オープン当初は無かったπウオーターをこちらでも導入。 
DSCF0840  

卓上メニュー。 
DSCF0838 

メニュー裏は薀蓄。 
DSCF0834 

BGMはモダンジャズ。箸は割り箸。卓上調味料は、一味唐辛子、胡椒。 
DSCF0825 

そして待つことしばし、「貝節潮そば」完成で~す♪ 
DSCF0849

通常営業時でも使用の八角丼で着丼。 
DSCF0859 

具は、低温調理の豚チャーシュー・鶏チャーシュー、穂先メンマ、ほうれん草、揚げシイタケ、貝ペースト、きざみねぎ。 
DSCF0851

スープはさらさらの清湯塩味。香りもそうですが、ファーストインパクトは出身店の特徴が良く出た鰹の節系。始めは節を強く感じますが、後から貝が勢いを増してきて、後半はホンビノス貝とあさりがコハク酸の旨味を爆発させます。中後半の旨みの厚みは凄みがあります。物凄く美味しい! 
DSCF0878  

麺は菅野製麺製のストレート細麺。ライ麦の全粒粉を配合した月曜ブランド専用の特注麺。加水率低めのパッツン麺ですが、啜り心地がとても良く旨くて箸が止まりません! 
DSCF0871  

「〆の貝節ごはん」は約半分食べきった頃に、「スープをかけてお召し上がり下さい」と提供されます。 
DSCF0891

ラーメンと同時か直後には出てこないので忘れられたかと心配になるかもですが、あくまで「〆の一品」というポジショニングのため、頃合いを見計らっての提供になります。 

その「貝節ごはん」は、そのままでも貝の風味がふわっと感じられて美味しい!貝出汁スープをかけると至高絶品卒倒モノの旨さ!デフォと〆ご飯で870円は安過ぎの超お得勧め必食セット。ウマ過ぎコスパ良すぎて最高です! 
DSCF0899 

おいしく完食!久々に通常営業にも行ってみようかな!ごちそうさま! 

貝節麺raik (85/’17)