2017年3月10日、神田の新店「らーめん八房(やつふさ)」へ。
DSCF9513

2017年3月7日オープン。料理長の方は、海外含む名だたるラーメン店で経験を積んだ歴戦の猛者。というわけで様子伺いにw
こちらの親会社は、シンガポールに拠点を置く投資ファンドの日本法人オクトパスジャパン株式会社。外資系のラーメン店w 「オクトパス」=「タコ」で、店名「八房」はタコの八本足からと推定w 
DSCF9524 

店の場所は、神田駅北口徒歩約1分。改装工事中のメトロ神田駅4番出口の目の前。 
DSCF9535 

味仙 神田店(先日オープンした神田西口店とは違う昨年8月オープンの方)の並び駅寄り。 
DSCF9527 

店頭には料理長さんのプロフィール掲示と手書きの営業時間掲示。新宿の人気つけ麺店→シドニーのラーメン店でベストヌードル賞受賞→一風堂オーストラリアでセントラルキッチンを任される。 最後のは、(スープ)工場の責任者という意味でしょうか!? 
DSCF9447  

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、八房らーめん890円、熟成豚骨らーめん890円、豚骨つけ麺(200g・300g)890円、他。オーダーは、券売機先頭左端の「八房らーめん」で。 
DSCF9452  

店内は、厨房前を囲むL字型カウンター13席(11席・2席)。厨房前の奥に長い席は、後ろがかなり狭く、座ってる人の後ろを通るには気を使います。 
DSCF9510  

19:50頃到着で先客4、後客2。厨房には件の料理長さんと男性スタッフの2名体制。厨房内には三河屋製麺の麺箱と巨大な寸胴があって、こちらはどうやらセントラルキッチン方式ではなさそうですw 
DSCF9462 

BGMは無しでちょっと緊張感のある空間。セルフの水はレモン水。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は胡椒。 
DSCF9458 

そして待つことしばし、「八房らーめん」完成で〜す♪ 
DSCF9467  

ショップマーク入りの上品な切立丼で着丼。 
DSCF9476  

具は、チャーシュー、メンマ、ワンタン、水菜、きざみネギ。 
DSCF9483  

スープはさらさらの清湯醤油味。白醤油の様な薄口で、スープ本来の出汁を味わってもらう趣向でしょうか。動物性魚介のあっさりとした味で、シンプルさがいい感じ、なかなか美味しいです。ただ、個人的にはカエシをパワーアップすると、今以上にグッと旨くなりそうな気がします。 
DSCF9501  

麺は三河屋製麺のストレート中細タイプ。麺とスープの相性は良くしっかりハマってます。 
DSCF9495 

具では、1個だけ入ったエビワンタンが柚子風味でエビがぷりっぷり!これ旨い!エビワンタンモアプリーズ!w チャーシューは大きめですが、たまたまかだいぶ固すぎ。メンマは穂先メンマを通常の短い長さにカット。食べやすいですが、穂先メンマの良さスポイルされちゃってます。 
DSCF9507  

美味しく完食。「熟成豚骨らーめん」も気になります。ごちそうさま! 

らーめん八房 (75/’17)