2017年2月27日、根津の新店「和風拉麺 喜粋」へ。

DSCF7930

2017年2月22日オープン。店主さんは大喜@湯島出身。根津へは先日濱之家に訪れたばかりですが、旨そうな麺があれば何度でもw

こちらは麺酒房 喜粋@TX浅草が移転オープン。以前のお店は昼は、ラーメン専門店、夜は焼鳥居酒屋で〆にラーメンをいただける業態でした。 
DSCF7934 

移転後は、夜の飲みも可能ですが、昼夜問わずラーメンを全面に押し出したスタンス。 
DSCF7945

店の場所は、根津駅1番出口徒歩約2分。言問通りと不忍通りが交差する根津一丁目交差点近くの不忍通り沿い。濱之家の斜向かい。「Charlie's cafe」の跡地。 
DSCF7951 

店内は奥が、厨房で手前が客席スペース。大きく開いた窓から店主さんの姿は確認出来ますが、手元の調理の様子は見えません。席は、壁に向かったカウンター10席、4人卓x2。 
DSCF8027 

20:20過ぎ到着で、先客3、ってかしらけんさん!ど〜もお久しぶりっすw 後客5、っうかシゲッチさん!なんという偶然、香ばしすぎ(≧∀≦) 
DSCF7983 
券売機はなくメニューを見て注文、伝票方式、後会計制度。 
DSCF7967

主なメニューは、醤油拉麺750円、薄口醤油拉麺750円、塩拉麺750円、梅肉拉麺900円、わんたん麺900円、鷄つけ麺850円、鶏白湯拉麺(限定)1200円、ご飯100円、温玉ご飯150円、おまかせミニライス200円、他。 
DSCF7974 

ご飯類はランチのみとの表記ですが、ご飯・温玉ご飯は夜のこの時間でも注文可能だそうです。オーダーは、お品書き先頭の醤油を気になったわんたん付きで。

DSCF8021 

スタッフは厨房に店主さん、ホール担当の男女各1。 
DSCF8020 

BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料は、GABANブラックペッパー。 
DSCF7977 

そして待つことしばし、「醤油わんたん麺」完成で〜す♪ 
DSCF7988

白でトータルコーディネートされたレンゲ付きの切立丼&受皿で着丼。 
DSCF8001 

具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、青菜、ワンタン、味玉半個、海苔。 
DSCF7996

スープはさらさらの清湯醤油味。店頭立て看板によると、煮干と鶏のWスープで煮干の風味を抑えて鶏の旨みとコクを感じるチューニングとか。キレとコクが両立したネオクラシカルなスープは狙い通りの絶妙な仕上がりでとてつもなく美味しい! 
DSCF8017 

麺は中細ストレートタイプ。しなやかでザクッとした食感。適度なコシもいいですね~!旨いっす! 
DSCF8005 

しらけんさんの「塩拉麺」 
DSCF7956

具は醤油の豚チャーシューに変えて鶏チャーシューでしょうか?チャーシューは塩の方が3枚入りでお得感がありますw 
DSCF7957

スープはさらさらの清湯塩味。出汁の良さがストレートに分かる端麗スープで、スッキリさっぱりとした味わい。塩も相当ハイレベルですが、醤油の完成度が抜群すぎる感じです^^; 
DSCF7964 

麺は、醤油・塩共通な感覚。 
DSCF7960 

シゲッチさんの「塩わんたん麺」 
DSCF8029

塩にチャーシュー麵の設定がないのは、やはり醤油には豚チャー、塩に鶏チャー推しだからでしょうか!? 
DSCF8034

美味しく完食!どのメニューも美味しそうで!根津に来る楽しみが増えました!ごちそうさま! 

和風拉麺 喜粋 (64/’17)