2017年2月18日、八王子の新店「麺工房 いちノ虎」へ。
DSCF6785 

2017年1月19日オープン。RDB・食べログで11時オープンになってるので丁度に着くも一向に開く気配なし。聞いたみたら11:30オープンだそうで変更したのかな?ってことで、近くの鴨と軍鶏を先にクリアーしてからのこちらへリトライw

こちらは、「麺やTOSHI」がオーナーが変わったのを契機にリニュアール。以前の「八王子ラーメン」を継承しつつも新メニューを提供とのこと。 
  
DSCF6787 

店の場所は、八王子駅北口徒歩約5分、駅前銀座通り沿い。 
DSCF6576 

「TOSHI」の跡地ですが、その前は「龍鳳」だった物件。 
DSCF6697 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF6711  

主なメニューは、真鯛塩らーめん800円、焦がし醤油八王子ラーメン580円、辛味噌・激辛味噌ラーメン680円、他。 
DSCF6690  

ランチタイムライス無料サービス。「激辛味噌ラーメン」が気になりつつも初訪に鑑みて、オーダーは券売機先頭左端の「真鯛塩らーめん」で。 
DSCF6776  

ちなみに周りはみんな「焦がし醤油ラーメン(八王子ラーメン)」で、安さが人気の秘密!? 
DSCF6694 

食券は、厨房のカウンターに渡す方式の様ですが気づかず。食券回収して貰ってしばらくしてから貼り紙に気づきましたm(_ _)m 
DSCF6720 

店内は、壁に向かったカウンターのみで、真っ直ぐなカウンター4席、逆L字型カウンター4席(3席・1席)x2の計12席。2階もあるようですが訪問時は未使用。12:10頃到着で、先客4後客2。 
DSCF6710 

奥の厨房がほとんど見えませんが、スタッフは女性2名まで確認。BGMはJ-POP、きゃりーぱみゅぱみゅとか。箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、ラー油、酢、豆板醤、おろしにんにく。 
DSCF6707 

そして待つことしばし、「真鯛塩らーめん」完成で~す♪ 
DSCF6730  

円錐の上下をスパッとカットして逆さまにしたような切立丼で着丼。 
DSCF6749 

具は、蛤、味玉半個、三つ葉、白髪ねぎ。 
DSCF6745

スープはさらさらの清湯塩味。旨味はかなり強め。鯛の香り・味は弱めで、味の主軸は貝出汁。都心の鯛らーめん専門店の怒涛の鯛スープと比べると、だいぶおとなしい印象。ですが、淡麗魚貝スープとしては油に頼らない分あっさりながらしっかりとしたコクと旨みがあって美味しい! 
DSCF6772 

麺はストレート中細タイプ。全粒粉入りか細かい黒い粒粒が見えます。調理過程が見えず不明ですが、丼に最初に麺を入れてスープを注いだような丼の底で麺がダマまで行きませんがごちゃっと塊になっていたのが、ちょった食べにくかった点。またピークタイムゆえか、固めというよりややゆでが足りないような麺に芯が残った状態だったのがちょっぴり残念。 
DSCF6754  

おいしく完食。機会があれば「激辛味噌ラーメン」にトライしたいです。ごちそうさま! 

麺工房 いちノ虎 (52/’17)