2017年2月20日、本日オープンの新店「煮干背脂系ラーメン 根津 濱之家」へ。

DSCF7079

新潟燕三条系の背脂煮干ラーメンを提供するお店。ちょっと気になって訪店。

求人情報によるとこちらは、舎人に本店(入谷店)、上海に支店、赤羽に別業態の「居酒屋 濱之家」のある「ラーメン 濱之家」の4号店。舎人・上海は家系ラーメン店。燕三条系の専門店は初。ただし、本店で背脂煮干ラーメンを提供した実績あり。 
DSCF7004 

横浜長岡に家系ラーメンを提供する同名店があって、六角家出身とのことです。ロゴが一緒なのでやはり系列店の模様。 

店の場所は、根津都千駄木の間の不忍通り沿い。千駄木二丁目交差点近く。根津珈琲店の隣。「NZ BAR」の跡地。 
DSCF7083 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF7010

主なメニューは、煮干し出汁背脂醤油ラーメン750円、メキシコ850円、ちゃめし200円、キャベチャ100円、他。券売機では背脂を背油と表記^^;  メキシコは激辛豚骨ラーメンで、辛さを小辛・中辛・激辛から指定。名前の由来は、ハバネロからw 
DSCF7008

オーダーは券売機先頭左端の「煮干背油ラーメン」でw その「煮干し出汁背脂醤油ラーメン」は、背脂の量が通常の他に、中脂・大脂の指定可能。特に聞かれませんので、自己申告制。また、特に明記されてませんが、後のお客さん指定の麺固めも受付てました。 
DSCF7007 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター13席(9席・4席)。20:50頃到着で、先客6、後客4。厨房には男性スタッフ3。店内に列ぶ開店祝い花の中に、サッポロ製麺からの花がありました。 
DSCF7019 

BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、ラーメン醤油、Chefeelブラックペッパー、豆板醤。 
DSCF7023 

そして待つことしばし。「煮干し出汁背脂醤油ラーメン(脂の量通常)」完成で〜す♪ 
DSCF7040

受皿付きで店名ロゴ入りの反高台丼で着丼。 
DSCF7054 

具はチャーシュー、メンマ、岩海苔、笹切りねぎ。丼の上から背脂チャッチャした形跡が歴然w 
DSCF7049

スープはさらさらの醤油味。ライトな動物煮干で、煮干はかなり弱め。背脂でコクを補強という感じ。豆板醤を投入して味に喝を入れましたw 
DSCF7073 

麺はサッポロ製麺のゆるやかにウェーブを描く太麺。ゴワゴワまで行きませんが、ハリとコシの強いモッチモチの剛食感で、麺自体美味しい!ただ、麺がスープに勝っちゃてる感じ。脂かタレか調味料でスープをパワーアップするか麺柔めの方が方が良さそう。 
DSCF7065 

おいしく完食!激辛という「メキシコ」が気になります。ごちそうさま! 

煮干背脂系ラーメン 根津 濱之家 (55/’17)