2016年3月26日、八王子の新店「らーめん なぶら 京王八王子店」へ。
DSCF8489

2016年1月8日オープン。府中に本店のある「たまぞう」系列のらーめん なぶら@小宮の2号店。たまぞう系列はどこも評判いいですが、なぶら本店は未訪。本当は本店から行きたいところですが、行けるところから少しずつって事でこちらへ。れんげもつけの後、この日3軒目w

DSCF8502店の場所は、京王八王子駅の裏。「Green room cafe」の跡地。 

DSCF8417定休日は不定休で、「魚釣り(仕入)に行く時休業」とか(笑) 

DSCF8422入店すると、まず券売機で食券購入です。 

DSCF8404主なメニューは、塩節らーめん700円、醤魚らーめん750円、烏賊タンタンつけ麺800円。他。 

価格は並盛のもの。 

「塩節らーめん」は、イカ節とサバ煮干のらーめん。「醤魚らーめん」は、出汁を摂る魚が日替りという。 

DSCF8406本日の「醤魚だし」はマグロ。 

ランチサービスで、麺類に「あさりとチャーシューのかやくごはん」サービス。 

DSCF8408なんと期間限定メニューもあって、訪問時は「イノウオラーメン」700円。イノシシ骨+魚だそうです!(驚) 

オーダーは、「塩節らーめん」・「醤魚らーめん」と迷って、味が普遍でより定番的な「塩節らーめん」にしました。 

券売機はメニュー番号のボタンを押して発券するタイプ。 

つまみ類も充実。 
DSCF8415

ドリンク、特に日本酒の種類が豊富。 
DSCF8413

DSCF8414希少銘柄も取り扱っていて、ラーメン店のレベルを超えています。 

DSCF8472店内は、奥の厨房前にカウンター3席、2人卓x2、3人卓x1、4人卓x1、窓に向かったカウンターというかテーブル4席。 

カフェの跡地ってことで、インテリアは確かに面影があります。 

12:10頃到着で、先客8後客3。スタッフは厨房に男性1、ホール担当女性1。 

DSCF8423BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、胡椒。 

そして待つことしばし、「塩節らーめん」完成でーす♪ 
DSCF8435

DSCF8452ランチサービスのかやくごはんと一緒に、給食のトレーみたいな、アルミのトレーに載って着丼。

「塩節らーめん」の具は、部位の異なる豚チャーシュー2種、鶏チャーシュー、なると、ネギ。 
DSCF8438

DSCF8467スープは、さらさらの清湯塩味。 

店頭ボードのメニュー説明によると、「岩塩を使った塩タレに珍しいイカ節だしのスープ あっさりとしたやさしいラーメン」とか。 

いわゆるイカ臭さや特有の癖はなく、あっさりながらしみじみとした滋味・旨味があります。 

これ大好きかも!いやぁ~本当に美味しい! 

DSCF8458麺は、昭島にある製麺所「鈴めん」製の中太でわずかに縮れのあるタイプ。 

モチモチ食感で、麺自体の味・香り・個性が強く、とても美味しい麺です。 

ただ、淡麗な「塩節らーめん」のスープに対しては、麺が勝ち過ぎてちょっとアンバランスな印象を受けました。 

「醤魚ラーメン」のような濃厚系ならズバッとハマる麺だと思います。 

ランチサービスの「あさりとチャーシューのかやくごはん」。ウマ過ぎて、これが無料ってまさにミラクル! 
DSCF8444

かやくご飯だけでも十分に美味しいですが、〆にらーめんのスープをかけていただく雑炊がまた絶品!腹パンになりますが、箸もレンゲも止まりません! 

おいしく完食!どの麺メニューも旨そうで、再訪したい度マックスなお店でした。ごちそうさま! 

らーめん なぶら 京王八王子店 (93/’16)